ホーム > 輸入車 >フォルクスワーゲン > フォルクスワーゲン twin up!を世界初公開 プラグインハイブリッドのコンセプトカー、4人乗りとして歴代最高1.1L/100km(90.9km/L)の燃費を実現

フォルクスワーゲン twin up!を世界初公開 プラグインハイブリッドのコンセプトカー、4人乗りとして歴代最高1.1L/100km(90.9km/L)の燃費を実現

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、11月23日(土)からお台場にある東京ビッグサイトで一般公開される第43回東京モーターショーに出展する車両について下記の通り発表します。フォルクスワーゲンが出展する総台数は全17台。これらは、ワールドプレミア(世界初公開)およびジャパンプレミア(日本初公開)モデルと現行販売モデルなどです。

twin_up_01.jpg
twin_up_02.jpg
twin_up_03.jpg
twin_up_04.jpg
twin_up_05.jpg
twin_up_06.jpg
twin_up_07.jpg


 twin up!はXL1のプラグインハイブリッドシステムを採用した革新的なシティカーです。ゼロエミッションの電気走行で最長50kmの航続を実現し、量産仕様のup!との違いは、もともと短かったフロントオーバーハングが30mm延長されているだけです。twin up!の駆動ユニット(システムパワーは55kW)は、車両のフロント部分に搭載されており、0.8L TDI エンジン(35kW)、電気モーター(35kW)、7速DSG("DQ200 E")、及びパワーエレクトロニクスから構成されています。また、車両の後方、リヤベンチシートとラゲッジルームの下には、リチウムイオンバッテリー(エネルギー容量は8.6kWh)、車載電装システムのための12V バッテリー、及び33Lの燃料タンクからなる「フューエルストレージ(燃料貯蔵)システム」が搭載されています。

 twin up!は、良好な空力特性(Cd=0.30)、バッテリーシステムの追加にもかかわらず低く抑えられた車両重量(1,205kg)、軽量なプラグインハイブリッドシステム、及び、低転がり抵抗タイヤ(165/65R15)のおかげで、きわめて優れたエネルギー効率を実現することができました。その結果、ヨーロッパの新しい走行サイクル(プラグイン ハイブリッド車のための標準テスト及び比較用サイクル)での測定では、twin up!は1.1L/100km(二酸化炭素排出量に換算すると27g/km)という、驚くべき燃費効率を達成しているのです。

 ゼロエミッションの電気走行モードで、twin up!は0-60km/hを8.8秒で加速し、最高速度は125km/hとなります。またハイブリッドモードの場合、ドライブシステムから提供されるトルクは、スモールカーとしては非常に大きい215Nmに達し、0-100km/hを15.7秒で完了する加速力と、140km/hのトップスピードを可能にします。

 東京モーターショーに出展されるtwin up!には、専用カラー"Sparkling White(スパークリングホワイト)"が採用されています。このペイントにはブルーの細かいガラス片が混合されていて、それが特殊な視覚的変化を演出します。光の当たり方にもよりますが、ボディのエッジ部分において、とりわけその効果が顕著となります。






この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング