ホーム > 日本車 >トヨタ > トヨタ 新型 プリウスα フルモデルチェンジ 2代目 次世代 Toyota Safety Sense P 小型化ハイブリッドシステムTHSⅡ TNGAプラットフォームを採用 2018年11月発売

トヨタ 新型 プリウスα フルモデルチェンジ 2代目 次世代 Toyota Safety Sense P 小型化ハイブリッドシステムTHSⅡ TNGAプラットフォームを採用 2018年11月発売

トヨタは新型プリウスαのフルモデルチェンジを行い2018年11月に発売する。

海外では新型プリウスα(プリウス V)のテスト走行が行われスパイショットの撮影も行われた。

新型プリウスα スパイショット


新型プリウスα スパイショット

th_Toyota Prius Plus 003

th_Toyota Prius Plus 004

th_Toyota Prius Plus 005

th_Toyota Prius Plus 006

th_Toyota Prius Plus 007

th_Toyota Prius Plus 008

th_Toyota Prius Plus 009

th_Toyota Prius Plus 010

th_Toyota Prius Plus 011

th_Toyota Prius Plus 012

th_Toyota Prius Plus 013

th_Toyota Prius Plus 014

th_Toyota Prius Plus 015

th_Toyota Prius Plus 016

2代目 新型プリウスαについて


発売から現在約6年が経過しており、現行同様、基盤となるプリウスがフルモデルチェンジを2015年12月9日に行うこともあり、新型プリウスベースであるのは当然であるが、更に2018年6月に新型プリウスのマイナーチェンジを行うがこの車体をベースに2代目の新型プリウスαの開発が進んでいる。

当然、新型プリウスに採用されている、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能だ

高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。

TNGA_095848.jpg
TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォーム
TNGA_095849.jpg

バッテリーはエントリーモデルには現行と同じニッケル水素バッテリー
ハイエンドモデルにはリチウムイオンバッテリーが、それぞれ搭載されることとなる。

2代目 新型プリウスα ハイブリッドシステムについて


新しく小型化されたTHSⅡを採用することで後部座席からラゲージスペースが大幅に広くなる。
更には、3列シートも3列目に更にゆとりがでることだろう。


エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

またハイブリッドシステム(エンジンを含むシステム全体)では、駆動ユニットの配置見直しやモーター・インバーター・電池の小型化、高効率化を図ることで燃費の15%以上向上を見込んでいる。

最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」を搭載 システム全体で約20%の低損失化を達成した。

purius_9584723973423408.jpg

新型プリウスでは「E」においてはJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現
その他の2WD車においてもJC08モード37.2km/L、新たに投入したE-Four(電気式4輪駆動方式)車はJC08モード34.0km/Lの低燃費を実現した。

燃費面では先代プリウスと新型プリウスではベースモデルでJC08モード燃費32.6km/Lから40.0km/LへUPし、JC08モード燃費で7.4km/L向上した。

プリウスαも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。

つまり、現行はJC08モード燃費26.2km/LであるがJC08モード燃費33.6km/L前後の燃費が可能 ということになる。

新型プリウスPHVに搭載される11.6インチの大画面ナビ(ディスプレイ)をメーカーオプションで選択可能となる。T-Connect DCMパッケージも合わせる。
purius_958472397342340978.jpg
右側を速度や燃料計などの基本情報を表示。左側をステアリングスイッチで切り替えられる「マルチディスプレイ」とし、 機能性と先進性を表現。

インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキを採用。

harrier_2018_058.jpg

第2世代の次世代 Toyota Safety Sense Pの主な特長


トヨタセーフティセンスPのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~最高速の幅広い速度域で作動する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーンディパーチャーアラート(LDA)
オートマチックハイビーム(AHB)or アダプティブハイビームアシスト(AHS)(新機能)
歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーダークルーズコントロール
レーントレーシングアシスト(LTA)(新機能)
ロードサインアシスト(RSA)(新機能)
先行者発進告知(新機能)


ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
 レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。
歩行者に対しては夜間でも同じく約10km/h~80km/hの範囲でPCSの自動ブレーキが作動するようになった。

ロードサインアシスト(RSA)
検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。

レーンディパーチャーアラート(LDA)
 カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
 カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

アダプティブハイビームアシスト(AHS)
LEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
 ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。

レーダークルーズコントロール
 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。
 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

レーントレーシングアシスト(LTA)
レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。

先行者発進告知



ITS専用周波数(760MHz電波)を活用し、クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号情報を、
道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するITS Connectを設定する!!

かなりの人気車種となることはまず間違えないだろう。

気になる発売日だが、2018年後半の11月頃となる可能性が高い!!

新型 プリウスα スペック予想


スペック 新型プリウス α
全長 4,645mm
全幅 1,775mm
全高 1,575mm
ホイールベース 2,780mm
エンジン 直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力 72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力 53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力 5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク 55Nm(5.6kgm)
システム出力 90kW(122ps)
車両総重量 1500kg
JC08モード燃費 33.6km/L
価格 -


プリウスαについて


purius_α_03948
現行プリウスα

現行プリウスαは2011年5月に製造・発売を開始したステーションワゴン(5人乗りタイプ)ミニバン(7人乗りタイプ)がある。

「プリウスα」は日本国内における名称であるが北米市場とオセアニア市場、ならびに韓国市場、香港市場では「プリウスV(プリウス ブイ、PRIUS V)」欧州市場では「プリウス+(プリウス プラス、PRIUS+)」という名称で販売されている。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。
ソース
https://www.motor1.com/news/183827/toyota-prius-v-spy-shots/
トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/4228209/
トヨタプリウスα
http://toyota.jp/priusalpha/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク