ホーム > 日本車 >三菱 > 三菱 新型 デリカ D:6 フルモデルチェンジ D:5 後継 クロスオーバーMPV PHEV 改良版 クリーンディーゼル搭載 2019年1月発売

三菱 新型 デリカ D:6 フルモデルチェンジ D:5 後継 クロスオーバーMPV PHEV 改良版 クリーンディーゼル搭載 2019年1月発売

三菱は新型デリカD:5のフルモデルチェンジを行い新型デリカD:6を2018年12月に発売する。
現行モデルは2017年4月21日に新型デリカD:5の一部改良を実施した。

新型デリカD:6の開発を進めテスト走行も始まっており、スパイショットも撮影されている。

mitsubishi-delica-2018-01.jpg

mitsubishi-delica-2018-02.jpg

mitsubishi-delica-2018-03.jpg

mitsubishi-delica-2018-04.jpg

mitsubishi-delica-2018-05.jpg

mitsubishi-delica-2018-06.jpg

mitsubishi-delica-2018-07.jpg

mitsubishi-delica-2018-08.jpg

mitsubishi-delica-2018-09.jpg

mitsubishi-delica-2018-10.jpg

mitsubishi-delica-2018-11.jpg

mitsubishi-delica-2018-12.jpg

mitsubishi-delica-2018-14.jpg

mitsubishi-delica-2018-15.jpg

デリカD:5について


デリカD:5はデリカスペースギアの後継車種であり、世界で唯一のオールラウンダーミニバン(SUV・ミニバン型)の乗用車である。

「D:5」はデリカ(DELICA)の5代目を意味する。 2007年1月31日から販売を開始。
2012年12月26日からクリーンディーゼル車の販売を開始。
その他、現在に至るまで何度もマイナーチェンジを繰り返し、人気を維持している車種である。

そのデリカD:5を今回フルモデルチェンジを丸12年目となる2019年1月に6代目デリカとなりデリカD:6となる。

新型デリカD:5 D:6の発表について


2016年8月11日から21日までインドネシアで開催されるインドネシア国際オートショーに、SUVの力強さとMPVの多用途性を融合させた、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカーを世界初披露する。

2016年8月11日(木)から21日(日)までインドネシアで開催される2016年インドネシア国際オートショーにてクロスオーバーMPVコンセプトカーMITSUBISHI XM Conceptを世界初披露する。

このクロスオーバーMPVコンセプトカーMITSUBISHI XM Conceptのデザインを採用するのが新型デリカD:5 D6である。

MITSUBISHI XM Concept_2017_01 MITSUBISHI XM Concept

delica_d5_2017_01.jpg
クロスオーバーMPVコンセプトカー

D501.jpg

mitsubishi001.jpg

2016年02月03日に2015年度第3四半期の決算発表会にて、2017年度に新型デリカD:5を発売とすると発表した。

新型デリカD:5 D:6について


フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、フェンダーと一体化した大型バンパーにヘッドライトやLEDを採用する。

フロントデザインは2017年秋からインドネシアで販売を開始した、次世代クロスオーバーMPV「新型エキスパンダー」の様なデザインであるだろう。

Mitsubishi-Expander-Mitsubishi-XM-production-011.jpg
新型エキスパンダー エクステリア

今回の最大の売りはフルモデルチェンジに伴い、新しい三菱デザインを取り入れシャープなイメージに生まれ変わることだ。

また、現行に搭載されている、4N14エンジン 
2.2L 直列4気筒DOHC クリーンディーゼルターボエンジンの改良型を搭載する予定だ。

現行は
2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン 最高出力109kW(148PS)/3,500rpm
最大トルク360N・m(36.7kgf・m)/1,500~2,750rpm
JC08モード燃費13.6km/L

これを新型ではエクリプス クロスに採用されたクリーンディーゼルターボエンジン
2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン
最高出力:150ps/3,750rpm
最大トルク:400Nm/2,200〜2,250rpm
JC08モード燃費15.0km/L

更に出力を高め、燃費も向上することとなりそうだ。

また、4WDシステムは新型アウトランダー、新型エクリプス クロスに採用されたAYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用する。


新型デリカD:5 D:6 PHEVの仕様があるか?


当然ながら、三菱はPHEVをアウトランダーPHEVを2013年1月24日から販売開始しておりプラグインハイブリッド車の発売はトヨタ・プリウスPHVに次いで日本での量産型2車種目となった。
このPHEVのノウハウを次の車種に生かすならば三菱は新型デリカに採用する可能性が一番高いだろう。
また、現在採用されているアウトランダーPHEVのパワーユニットを搭載することは重量やスペースなどを考えても可能である。

2L 直列4気筒 DOHC MIVEC エンジン
最高出力:147ps/6000rpm
最大トルク:21.1kgm/4400rpm
モーター最大出力 前/後:82ps/82ps
モーター最大トルク:14.0kgm/19.9kgm
バッテリー リチュウムイオン電池

ハイブリッド
JC08モード燃費20.0~20.2km/L
プラグイン
JC08モード燃費 60.2~60.8km/L

スペック 新型 デリカD:6
全長 4,740mm
全幅 1,795mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,850mm
エンジン 2.2L 直列4気筒DOHC クリーンディーゼルターボ 2.0L 直列4気筒 DOHC MIVEC エンジン+モーター
最高出力 150ps/3,750rpm 147ps/6,000rpm
最大トルク 400Nm/2,200〜2,250rpm 21.1kgm/4,400rpm
モーター最高出力 - 前:82ps/後:82ps
モーター最大トルク - 14.0kgm/19.9kgm
バッテリー - リチュウムイオン電池
JC08モード燃費 15km/L 20.0~20.2km/L
価格 300〜万円




今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

三菱自動車
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/investors/
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorshow/2016/news/detail4992.html
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorshow/2016/news/detail4996.html
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000287425/SortID=20643526/#tab
https://www.motor1.com/photo/2860979/2018-mitsubishi-delica-spy-photo/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク