ホーム > 輸入車 >テスラモーターズ >テスラモーターズ モデルS 無料ワイヤレスアップデートにより衝突回避アシスト機能などを追加!!

テスラモーターズ モデルS 無料ワイヤレスアップデートにより衝突回避アシスト機能などを追加!!

テスラモーターズがモデルS新ファームウェアをリリースした。
無料ワイヤレスアップデートにより、衝突回避アシスト機能など様々な機能向上が行われた。

テスラのモデルSはEV車であるがノートパソコン、iPhoneやAndroid端末と同様に、
テスラは定期的にModel Sのアップデートを行いアップデートが利用可能
になると、
17インチ タッチスクリーン上で知らせがくる仕組みになっている。
アップデートはすぐにインストールすることが出来き、更に寝ている間にインストールするように設定することも出来きる。

まさに未来の車である。

tesla_s_04.jpg

tesla_s_06.jpg


以下の変更点となる。

今回のアップデートにより、航続距離への不安を解消、安全のための機能と自動運転機能を拡充します。

一般に自動車は、購入したときがもっとも価値ある状態ですが、テスラ車は、無料ワイアレス ソフトウェア アップデートを通して進化し続けます。アップデートの度に、新機能が追加され、パフォーマンスとオーナーエクスペリエンスが向上します。

今回のソフトウェア アップデートは、モデルSのインテリジェンスを拡張し、航続距離に関する一切の不安を消し去る機能、アクティブ セーフティーを向上する機能、そして自動運転などが追加されます。


エネルギーと航続距離
新しくなったエネルギーと航続距離に関する機能は「航続距離への不安」を消し去り、長距離ドライブの前に綿密な計画を立てる煩わしさを取り除きます。モデルSのナビゲーションにレンジ アシュアランスとトリップ プランナーが追加されることで、長距離ドライブで感じていた不安を解消します。また、モデルSのナビゲーションは自動的にテスラのチャージング ネットワークを通るようにルートを検索します(日本への導入は夏以降)。

トリップ プランナー
目的地を設定すると、ナビゲーションが必要に応じて自動的にスーパーチャージャーに立ち寄るようルートを検索します。トリップ プランナーは運転時間と充電時間を最小限に抑えるルートを選びます。スーパーチャージャーで充電する際は、必要な分だけ充電が完了するとiPhoneアプリ経由でお知らせします。Androidアプリ経由では充電スクリーン上から行程に必要な充電の情報をモニターできます。

テスラのチャージング ネットワークを通るルートを自動検索:
最終目的地を設定すると、モデルSは自動的に充電スタンドを通るルートを検索します。ナビゲーションには目的地までの最速ルートが表示されます。ルートは各スーパーチャージャー間に細分化され、各スタンドでの予想充電時間をひと目で確認できます。

スーパーチャージャーでのプッシュ通知:
モデルSは次の目的地までに必要な充電が完了すると、アプリを通してドライバーにお知らせします。

レンジ アシュアランス
モデルSは常に航続距離をモニターし、航続距離が充電スタンドの圏外になりそうになるとドライバーに知らせ、モデルSは航続距離圏内のスーパーチャージャー、テスラ デスティネーション チャージャー、および以前充電したことのある場所のリストを表示します。ドライバーがリストから充電スタンドを選ぶと、ナビゲーションが案内を開始します。また、到着時の予想バッテリー残量も表示されます。

ドライバーアシスト機能
今回のアップデートに含まれる新たなドライバーアシスト機能は、潜在的な危険を賢く予測し、対応します。2014年10月に自動運転を発表してから、テスラはワイアレスのソフトウェア アップデートを通して複数のアクティブ セーフティー機能をモデルSに実装してきました。それによりモデルSの安全性は向上し、完全な自動運転機能の実現に近づいています。

自動緊急ブレーキ
この新しい衝突回避アシスト機能は、回避不可能な正面衝突の際に作動し、衝撃を軽減します。自動緊急ブレーキはドライバーがアクセルまたはブレーキペダルを踏むか、ステアリングホイールを急激に回すことで解除されます。

ブラインドスポット ワーニング
ブラインドスポット ワーニングは車線変更を安全に行えるようアシストする機能です。モデルSが30~140 km/hで走行時に、ドライバーの死角に自動車を検知した場合、インスツルメント パネル上のスピードメーター下部に白い弧状のマークが表示されます。死角にある自動車と衝突する可能性が高まると、2つの赤い弧状のマークが表示され、ステアリングホイールが振動し、チャイム音がなります。

バレーモード
ホテルのバレーなどに車両を預ける際に、モデルSをバレーモードに設定すると、ドライビング パフォーマンスを抑え、特定の設定や個人情報にアクセスできなくなります。オーナーはボタンひとつでスピードリミットを設定し、グローブボックスとフロントのトランクをロックし、タッチスクリーンに表示されるドライバープロフィールやHomelink設定などの個人情報へのアクセスを無効にできます。

P85Dの最高速度
P85Dの最高速度は250 km/hになりました。


テスラブログ
http://www.teslamotors.com/jp/blog/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A262




この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク