ホーム > 日本車 >レクサス > レクサス 新型 LEXUS LM300 LM300h 「LF-SA コンセプト」 2019年発売?!

レクサス 新型 LEXUS LM300 LM300h 「LF-SA コンセプト」 2019年発売?!

レクサスは新型「LM300」「LM300h」を2019年に発売する予定だ。

2018年6月12日に日本の特許庁に商願(2018-77621,77622)「LM300」「LM300h」を商標出願している。
米国でも同日に「LM300」「LM300h」を商標出願している。

レクサス 新型「LM300」「LM300h」について


レクサス車種においてLが付く車種は現在、「LS (フラッグシップ セダン)」「LX(フラッグシップ クロスオーバー)」「LC(フラッグシップ クーペ)」であるがLMについては海外サイトLEXUS ENTHUSIASTでは現在では「 (フラッグシップ ミニ)」ではないかと言われている。

LEXUSは新型となる LEXUS LF-SAコンセプトをジュネーブモーターショー2015で発表した。
このLMのコンセプトカーである可能性が高そうだ。

Lexus_LF-SA _Concept_01

Lexus_LF-SA _Concept_02

Lexus_LF-SA _Concept_03

新開発LEXUSプラットフォーム「GA-Bプラットフォーム」を採用


TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを基盤とした新しいLEXUSプラットフォーム GA-Bプラットフォームと呼ばれる新開発のプラットフォームを採用する。

高い空力性能を実現するなど、現行モデルから大幅な進化を果たす。 またボディのねじり剛性が先代モデル比でかなり向上している。

高剛性化・低重心化のほか、ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションの採用や、ジオメトリーの最適化で、高い操縦安定性を確保している。

レクサス 新型「LM300」「LM300h」のスペックついて


レクサス 新型「LM300」「LM300h」は直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4Sを搭載することになる。

直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S +モーター(THSⅡ)
最高出力:131kW(176ps)/5,700rpm
最大トルク 220Nm(22.5kgm)/3,600-5,200rpm
モーター最高出力:88kw(120ps)
モーター最大トルク:202Nm(20.6kgm)
システム最大出力:155kw(211ps)
トランスミッション:CVT

ハイブリッドシステムは小型化されたTHSⅡを採用。
エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

4代目プリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、2.5Lエンジン用ハイブリッドシステムを一新するとともに、高性能マルチステージTHSⅡを新開発した。

FRの新型カムリにも搭載される新2.5LのTHSⅡは、小型・軽量・低損失化技術と、TNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジー効果により、優れた動力性能・低燃費を高次元で追求している。
マルチステージTHSⅡは、ハイブリッド車の走りのイメージを一新する高い発進加速性能とダイレクト感溢れる走りを実現。高速走行時のシステム効率の向上に加え、高車速域でもエンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上している。

新型 直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engine



高速燃焼技術、可変制御システムの採用
世界トップレベル最大熱効率40%(HV専用で41%)を実現する直列4気筒 2.5リッター直噴エンジンDynamic Force Engineと呼ぶ。
同時に、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、多くの新技術の採用により全面的に見直し、大幅に進化した。

ガソリン車用
直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S
最高出力:205ps/6,600rpm
最大トルク:250Nm/4,800rpm

ハイブリッド車用
直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S
最高出力:176ps/5,700rpm
最大トルク:220Nm/3600-5,200rpm

LEXUS LF-SA コンセプトについて


LF-SAは、日常生活で最新技術による自動化が進む中でも、ドライバー自らが運転する歓びを表現したデザインスタディモデルである。フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)が企画からモデル製作まで一貫して担当。大胆かつエモーショナルに、LEXUSが今まで踏み込まなかった領域となる、2+2シーターのウルトラコンパクトクラスで究極のラグジュアリーを具現化した。

 LF-SAとは、Lexus Future Small Adventurer(未来の小さな冒険者)を意味し、未来の生活スタイルにおいても運転の歓びを追求する精神をその名に込めた。先鋭(Leading-edge)と精妙(finesse)の美を表現するLEXUSのデザインフィロソフィー「L-finesse」を大胆に採り入れ、精悍で都会的な外観とドライバー中心の内装で、LF-SAのコンセプトを表現した。

少し違うがイメージはトヨタiQの様なコンセプトである。

全長 3,450mm
全幅 1,700mm
全高 1,430mm

LEXUS LF-SAは2018年頃の発売となりそうだ。

LEXUS_LF-SA_023.jpg

LEXUS_LF-SA_024.jpg

LEXUS_LF-SA_025.jpg

LEXUS_LF-SA_026.jpg

LEXUS_LF-SA_027.jpg

LEXUS_LF-SA_028.jpg


Lexus_LF-SA _Concept_04






新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://www.autoevolution.com/news/lexus-lf-sa-concept-leaked-photos-suggest-sub-compact-model-92758.html#
https://lexusenthusiast.com/2018/06/18/lexus-trademarks-lm-350-lm-300h-nameplates-in-usa/
特許情報プラットフォーム
https://www2.j-platpat.inpit.go.jp/syutsugan/TM_AREA_A.cgi?0&1535213882829
トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/6611933/
レクサス
https://lexus.jp/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング