ホーム > 日本車 >レクサス > レクサス 新型 LS マイナーチェンジ 一部改良 静粛性と乗り心地改善 2018年8月30日発売

レクサス 新型 LS マイナーチェンジ 一部改良 静粛性と乗り心地改善 2018年8月30日発売

レクサスは新型LSのマイナーチェンジ (一部改良)を行い2018年8月30日発売した。

LS500
価格:981万4000円~1540万5000円
LS500h
価格:1121万4000円~1680万5000円

LS500h“version L”_2019_01


新型LSマイナーチェンジ (一部改良)について


ニュースリリースより
フラッグシップセダンLSは今回の一部改良で、AWDにおいてショックアブソーバーは伸圧独立オリフィスを採用することで、減衰力可変幅の拡大や摩擦低減など乗り心地が向上。また、マルチステージハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニング、制振材の追加などにより静粛性も向上。さらに、進化した予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準仕様に採用。これまでのLexus Safety System +に採用していた「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指しています。

「Lexus Safety System +」の進化


単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」
自動車専用道路等においてレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーダークルーズコントロール」と「レーントレーシングアシスト(LTA)」カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」
先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」


新型LSマイナーチェンジ グレード価格について


LS500“EXECUTIVE ” 2WD 価格:15,005,000円
LS500“EXECUTIVE ” 4WD 価格:15,405,000円
LS500“version L” 2WD 価格:13,205,000円
LS500“version L” 4WD 価格:13,605,000円
LS500“F SPORT” 2WD 価格:12,005,000円
LS500“F SPORT” 4WD 価格:12,105,000円
LS500“I package” 2WD 価格:10,425,000円
LS500“I package” 4WD 価格:10,825,000円
LS500 2WD 価格:9,814,000円
LS500 4WD 価格:10,214,000円

LS500h“EXECUTIVE ”2WD 価格:16,405,000円
LS500h“EXECUTIVE ”4WD 価格:16,805,000円
LS500h“version L” 2WD 価格:14,605,000円
LS500h“version L” 4WD 価格:15,005,000円
LS500h“F SPORT” 2WD 価格:13,105,000円
LS500h“F SPORT” 4WD 価格:13,505,000円
LS500h“I package” 2WD 価格:11,805,000円
LS500h“I package” 4WD 価格:12,205,000円
LS500h 2WD 価格:11,214,000円
LS500h 4WD 価格:11,614,000円


LEXUS LSシリーズについて


2006年まではトヨタ車のセルシオとして販売されており海外ではレクサスLSシリーズとし販売。

日本ではレクサスLSは2006年9月から発売を開始。
ビックマイナーチェンジ(メジャーチェンジ)を2013年に行い、主要構成部品約6,000点のうち約半数を変更するなど、 実質的にはフルモデルチェンジに近い大幅な設計変更がなされたがエンジンなのどは変更しておらずやはりマイナーチェンジにすぎない。

そして11年目にしてフルモデルチェンジをする。

ライバルとなるのは当然メルセデスベンツSクラスだ。

ちなみに去年メルセデス・ベンツSクラスは8年ぶりにフルモデルチェンジを果たしている。

新型 LEXUS LSシリーズ について


レクサスは新型のLSシリーズ( LS500 LS500h LS500F)のフルモデルチェンジを行い2017年10月19日に発売した。

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_01.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_02.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_13.jpg

新開発LEXUSプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」を採用



LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_08.jpg

更に、新しいLEXUSプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」 と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用し完全刷新する。

高い空力性能を実現するなど、現行モデルから大幅な進化を果たす。
またボディのねじり剛性が先代モデル比でかなり向上している。

新開発GA-Lプラットフォームにより、低く構えたスタイリングを実現する。

先進の予防安全パッケージLexus Safety System+Aを搭載


新しいLEXUSインフォテイメントシステム(ジェスチャーコントロールなどを備えた)
予防安全パッケージLexus Safety System +に更に
半自律走行機能など、車両への追突、対歩行者、走路逸脱、交差点(出会い頭衝突)という、
深刻な事故につながる4つの事故形態をカバーした最先端の安全運転支援システムLexus Safety System+Aを採用する。

自動操舵で衝突回避支援するプリクラッシュセーフティを世界で初めて採用
進行方向に歩行者が飛び出してきた場合に、車両前方のカメラで衝突の可能性を検知。 大型HUD(ヘッドアップディスプレイ)への表示により、従来の警報よりも早いタイミングからドライバーを危険な状態に近づけないよう注意喚起する。さらにカメラとミリ波レーダーの情報に基づき自動でブレーキをかけ、ブレーキだけでは回避できないとシステムが判断した場合、車線内の回避スペースを見つけて自動的に操舵制御し、歩行者との衝突回避を支援する。

Lexus Safety System+(進化版)
Lexus CoDrive
全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール
レーントレーシングアシスト
レーンチェンジアシスト

新型LEXUS LSシリーズのスペックについて


全長:5,235mm
全幅:1,900mm
全高:1,450mm
ホイールベース:3,125mm

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_09.jpg

LS500 新モデル
新開発V型6気筒3.5L ツインターボエンジン
最高出力:421ps/5,200~6,000rpm
最大トルク:61kgm/1,600~4,800rpm
トランスミッション:10速AT

LS500h
V型6気筒 3.5Lエンジン+モーター
最高出力:299ps(220kW)/6,600rpm
最大トルク:348Nm/4,900rpm
トータル最高出力:358ps(264kw)
トランスミッション:CVT

今後情報が入り次第お伝え致します。

LEXUS
http://lexus.jp/models/ls/
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14551923/
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/15018749
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/15341800
https://lexus.jp/pressrelease/news/20170626.html

https://lexus.jp/pressrelease/news/20171003.html
https://lexus.jp/pressrelease/news/20171019.html
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/lexus/23981360.html

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング