ホーム > 2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ > 2019年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2019年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2019年のトヨタはフルモデルチェンジを行う車が多数ある。更にキーワードとなるのは「復活」である!各車種には新型プリウスから搭載された、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを新型モデルには次々に採用し低重心化による高い空力性能とボディ剛性の向上、それによる衝突安全性能を図り、安全で快適な車作りが進む。
もちろん全車両に安全支援システム 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」も採用される。

注目の車種は「復活」を果たす、新型スープラ 、新型RAV4、フルモデルチェンジをする新型アクア、新型ヤリス(ヴィッツ)だろう。新型車種は新型 TJクルーザーだ。

2019年から2020年までに次々と車種を投入するだろう。

トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ A90型 5代目 (3代目) 2019年3月発売


トヨタとBMWは共同開発を進めており、それこそ新型スープラと新型Z4だ!新型スープラ A90型は2019年3月発売し、海外としては5代目となり日本国内では3代目となる。

予想価格:500万円~800万円

supra-goodwood-3_result.jpg


トヨタ 新型 RAV4 フルモデルチェンジ 4代目 (5代目) 日本復活 TNGA採用 2019年4月発売


トヨタは新型RAV4のフルモデルチェンジを行い米国で2018年12月に発売を開始する。
2016年に販売終了となっている日本でも2019年4月頃に再投入される。

2019-Toyota-RAV4-24.jpg

2018年3月28日〜4月8日に開催されるニューヨーク国際オートショー2018で新型RAV4を世界初公開した。 3月28日水曜日、午前9時10分(現地時間)に開催されるトヨタのプレスカンファレンスで公開。

3代目ハリアーが4代目RAV4のプラットフォームを使用した兄弟車であるためハリアーが日本限定で発売され、新型C-HRの販売もあり少し可能性が薄かったが、厳密にはRAV4はコンセプトがハリアーとは違うので以前と同じネッツ店などで扱うのが非常にいい更に、以前のモデルとは違いデザイン性から見て日本でも人気の出そうな1台である。

トヨタ 新型 ハリアー マイナーチェンジ インテリジェントクリアランスソナー 全車に標準装備 2019年6月発売


トヨタは新型ハリアーのマイナーチェンジを行い2019年6月に発売する。

現在のマイナーチェンジモデルを一部改良し、現在は価格28,080円でオプション品となるインテリジェントクリアランスソナー ICS(パーキングサポートブレーキ)を全車で標準装備となる。価格は全体で約30,000 円アップとなるだろう。 「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。

現在は、プリウスやアルファードに搭載されている車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニター」を採用していないがインテリアクリアランスソナーが標準搭載されることで採用される可能性もありそうだ。

harrier_2018_063.jpg

トヨタ 新型 ランドクルーザー 200 マイナーチェンジ (一部改良) 次世代 Toyota Safety Sense 採用 2019年8月発売


トヨタが新型ランドクルーザー200のマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年8月に発売する。
第2世代の次世代Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載する。
従来までの「Toyota Safety Sense P/C」の名称を「Toyota Safety Sense」に統一した衝突回避支援パッケージとする。インテリジェントクリアランスソナーやインテリジェントパーキングアシスト2やドライブスタートコントロールなども搭載する。

20150817112505c5b.jpg


トヨタ 新型 ハイラックス マイナーチェンジ 日本 2019年8月発売


トヨタは新型ハイラックスのマイナーチェンジを行い日本では2018年8月に発売する。

価格:326万7,000円〜374万2,200円

2017年11月に開催されたタイ国際モーターエキスポ2017で公開した。

toyota-hilux-rocco_2018_02.jpg


トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ セミボンネット採用 H300系 15年ぶりとなる 2019年11月発売


トヨタは新型ハイエースのフルモデルチェンジを行い2019年11月に発売する。
今回はセミボンネットを採用した商用車の世界戦略車モデルへと姿を変える。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(水)~11月5日(日))にて新型ハイエースのコンセプトカー「LCV CONCEPT」世界初公開した。
LCV D-CARGO CONCEPT_01

トヨタ 新型 アクア フルモデルチェンジ 2代目 小型化されたハイブリッドシステムTHSⅡ採用 TNGAを採用 2019年11月発売


トヨタは新型アクアのフルモデルチェンジを行い、2019年11月に発表し発売する。

2019年に開催予定の東京モーターショー2019で2代目の新型新型アクアを披露する予定だ。
アクアは2011年12月26日に正式発表し発売が開始された日本の人気車種である。発売から丸8年目のタイミングでフルモデルチェンジを果たす予定だ。
aqua_2018_311.jpg

トヨタ 新型 ヴィッツ (ヤリス) 4代目 フルモデルチェンジ TNGA 採用 2019年12月発売


トヨタはヴィッツ (ヤリス) 4代目のフルモデルチェンジを計画しており、2019年12月に発売する。
現行ヴィッツは2010年12月22日に正式発表し発売が開始された世界的に人気がある車種である。発売から丸9年目のタイミングでフルモデルチェンジを果たす予定だ。トヨタは2018年4月16日に日本の特許庁に「YARIS (ヤリス)」を出願しており今回のフルモデルチェンジのタイミングでヴィッツから海外同様の名称となるだろう。

2019年に開催予定の東京モーターショー2019で4代目の新型ヴィッツ (ヤリス) 披露する予定だ。

Vitz_867474833458.jpg


トヨタ 新型 エスティマ フルモデルチェンジ 4代目も驚くデザイン JC08モード燃費24km/L 低燃費 2019年12月発売


トヨタは4代目となるエスティマのフルモデルチェンジを行い2019年に発売する。

トヨタは燃料電池車(FCV)のコンセプトモデル「Fine-Comfort Ride」を2017年10月18日発表した。
第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(水)~11月5日(日))にて新型エスティマ FCVのコンセプトモデル(Fine-Comfort Ride)を世界初公開した。

Fine-Comfort Ride_01

トヨタ 新型 TJクルーザー FJクルーザー後継モデル ハイブリッドモデルあり TNGAプラットホーム採用 2019年発売


トヨタはFJクルーザーの後継モデルとして新型TJクルーザーを2019年に発売する予定だ。
2017年5月25日、トヨタは米国特許商標庁に「TJクルーザー」という名前を商標登録した。

Tj CRUISER_09

2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にてFT-4Xconceptを初公開した。既に、「Future Toyota 4x4」を意味するFT-4Xを米国で商標登録している。FJクルーザーの後継モデルのコンセプトであるFT-4Xconceptは新型TJクルーザーである。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルに近い「Tj CRUISER」を正式発表する。


新型FT-4Xconcept
全長:4249mm(167.3inch)
全高:1,623mm(63.9inch)
全幅:1,821mm(71.7inch)
ホイールベース2,639mm(103.9inch)

※最新自動車情報2018調べ
発売日の間違え、予想も含まれております。

トヨタ自動車
https://toyota.jp/

2018年の新型車種発売を知りたい方はこちらもどうぞ
http://car-report.jp/blog-entry-1351.html

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク