ホーム > 日本車 >スバル > スバル 新型 レガシィ B4 マイナーチェンジ E型 アイサイト 標準装備 2018年10月4日発売

スバル 新型 レガシィ B4 マイナーチェンジ E型 アイサイト 標準装備 2018年10月4日発売

スバルは新型レガシィ B4のマイナーチェンジ E型を行い日本では2018年9月10日発表、10月4日発売する。 新型レガシィ アウトバックE型とスバル60周年記念車「レガシィ アウトバック X-BREAK」を同日発売する。

2018年7月9日(現地時間)米国モデルの新型レガシィ B4とアウトバック E型を発表した。

価格:302万4,000円~324万円

新型レガシィ B4 E型 エクステリア


subaru-legacy-2019-1_result.jpg

subaru-legacy-2019-2_result.jpg

subaru-legacy-2019-3_result.jpg

subaru-legacy-2019-4_result.jpg

subaru-legacy-2019-5_result.jpg

Legacy-2018_09.jpg

新型 レガシィ B4 E型について


最新のアイサイトを全グレードに標準装備、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を変更した。

新型 レガシィ B4 E型 価格・グレードについて


レガシィ B4 価格:3,024,000円
レガシィ B4「Limited」 価格:3,240,000円

レガシィについて


現行モデル6代目レガシィはツーリングワゴンが後継車種のレヴォーグに継承されたことで、
セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2タイプとなった。

2014年2月7日にシカゴモーターショー2014で6代目レガシィの米国仕様を世界初公開。
2014年10月24日アウトバックと共に、B4をフルモデルチェンジ。ツーリングワゴンは正式に廃止

2015年10月1日、丸1年でのB型へとマイナーチェンジをする。
先進安全システム「アイサイトVer3」に加え、
後側方をミリ波レーダーによって検知する「アドバンスドセイフティパッケージ」を全車に標準装備する。

これは、2014年4月にマイナーチェンジしたレヴォーグも同様に
「アドバンスドセイフティパッケージ」が追加されている。

インテリアでは上級グレードのLimitedにアイボリー(本革仕様)を追加設定。
Siri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」に対応する。
ボディカラーに新色「ダークブルー・パール」を追加。

2016年9月8日発表し10月3日からC型となる新型B4とアウトバックを発売した!!
車線中央維持機能(アイサイト(ver.3))の追加によりロングドライブでの負担を軽減
、ステアリングヒーターを標準仕様とし冬期や寒冷地での快適性を向上することで、
グランドツーリング性能を更に進化させました。
また、新色「オークブラウン・パール」をアウトバックに追加し、
スバルのフラッグシップモデルとしての価値を高めました。
併せて、特別仕様車「LEGACY B4 SporVita (スポルヴィータ)」を設定。

2017年10月5日 マイナーチェンジ2018年モデルの新型レガシィ B4 D型はエクステリア、インテリアのデザイン変更やサスペンション変更、チューニングを行い乗り心地と操作性をUPさせる。

エクステリア
新しくなったヘッドランプとフロントグリル、フロントバンパーの採用しイメージ変更。

ヘッドランプはステアリング連動ヘットランプを採用
ステアリング操作に合わせてヘッドランプ光軸を左右に動かす。

フロントグリル、バンパー
フロントグリルは新型インプレッサと同様の形状になりよりスポーティな印象となった。

インテリア
センターベントグリルやエアコンユニットを一体的にデザインした
フラットな大型センターパネルを採用。新型インプレッサ同様にディスプレイを7インチから8インチに変更。

スバル60周年記念車 LEGACY「X-BREAK」


エクステリア


ブラックルーフレール
フロントグリル (ピアノブラック・イエローグリーン)
18インチアルミホイール(ダークメタリック)
フロント&リアドア・サイドクラッティング
ブラックカラードアミラー
リヤオーナメント

インテリア


撥水ファブリック/合成皮革シート(グレー/ブラックイエロースティッチ)
フロントセンターアームレスト(イエローグリーンスティッチ)
メタルメッシュ/ブラックオアネル
本革巻ステアリングホイール(イエローグリーンスティッチ)
室内照明ホワイト
シフトノブ(イエローグリーンスティッチ)
インパネアッパートリム(イエローグリーンスティッチ)
カーゴフロアボード

安全性能
ステアリング連動ヘッドランプ採用。
後側方警戒支援システムのインジケータランプを鏡面中からミラーサイドに移設。
ランプを大きく光るように変更。周囲の状況を把握しやすくした。

走行性能
エンジンやCVTの特性を変更することで、メリハリのある加速フィールを得た。

新型レガシィ B4
全長:4,795mm
全幅:1,840mm
全高:1,500mm
ホイールベース:2,750mm
車重:1,530kg

FB25型エンジン
水平対向4気筒 DOHC 2.5L
最高出力129kW(175PS)/5800rpm
最大トルク235Nm(24.0kgm)/4000rpm
リニアトロニックCVT
JC08モード燃費14.8km/L

安全システム アイサイト を標準装備


安全システム「アイサイト」に、後退時自動ブレーキシステムを追加し全車速追従機能付クルーズコントロール車速域拡大(0km/h~約120km/h)

後退時自動ブレーキシステム
全車速追従機能付クルーズコントロール車速域拡大(0km/h~約120km/h)
アイサイトセイフティプラス
フロント&サイドビューモニター
アダプティブドライビングビーム
ステアリング連動ヘッドランプ
リヤビューカメラにステアリング連動ガイド線機能を追加

海外モデルのグレードと性能
スペック 新型レガシィ B4
グレード 2.5i 3.6R
全長 4,802mm
全幅 1,840mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,650mm
エンジン FB25型エンジン
水平対向4気筒 DOHC 2.5L 
EZ36型エンジン
水平対向4気筒 DOHC 3.6L
最高出力 175PS/5800rpm 256hp/6,000rpm
最大トルク 24.0kgm/4000rpm 247ft-lbf/4,400rpm
トランスミッション リニアトロニック
(マニュアルモード付)
駆動方式 AWD
タイヤサイズ 225/55/R17
225/50/R18


今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://www.carscoops.com/2017/02/can-you-spot-changes-on-facelifted-2018.html
https://www.carscoops.com/2018/07/2019-subaru-legacy-outback-debut-additional-safety-tech-higher-prices/
スバルニュースリリース
https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_09_04_4680/
https://www.subaru.co.jp/press/news/2018_09_10_6216/
https://www.subaru.jp/legacy/b4/


この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク