ホーム > 日本車 >トヨタ > トヨタ 新型 プロボックス /サクシード ハイブリッド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense C 標準装備 2018年10月発売

トヨタ 新型 プロボックス /サクシード ハイブリッド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense C 標準装備 2018年10月発売

トヨタは新型プロボックスと新型サクシードをマイナーチェンジしてハイブリッドモデルを追加し2018年10月に発売する。

probox_2016_8_04.jpg

probox_2016_8_05.jpg

新型プロボックスと新型サクシード マイナーチェンジモデルについて


商用モデルの新型プロボックスと新型サクシードに初のハイブリッドモデルを追加する。
カローラフィルダーやヴィッツ同様にBプラットフォームを採用しており、同様の1.5L 直4 DOHC+モーターを搭載する。

スペック 新型プロボックス/サクシード
全長 4,245mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,550mm
エンジン 1.5L 直4 DOHC+モーター
最大出力 74ps/4,800rpm
最大トルク 11.3kgm/3600~4,400rpm
モーター出力 61ps
総出力 100ps
JC08モード燃費 34.4km/L
価格 -


Toyota Safety Sense C 標準搭載 主な特長


レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。

toyota_corolla_555556678892342.jpg
「Toyota Safety Sense C」 レーザーレーダーと単眼カメラを一体化したユニット

20141126_TSS_1.jpg
カローラ実験画像 衝突回避支援型PCS
衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。

レーンディパーチャーアラート(LDA)
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

プロボックスとサクシードについて


2002年7月2日 発表、発売。
2014年9月1日プロボックスならびにサクシードをマイナーチェンジ、新型エンジンとCVTを搭載するにあたり、プラットフォームはNBCプラットフォームからBプラットフォームに変更。

今回のマイナーチェンジでは、ビジネスシーンで実際にクルマを使用する人々が求める機能をさらに磨き上げることで、お客様の期待に応える「もっといいクルマ」として、日本のビジネスマンを力強くサポートする。

probox_001.jpg

probox_003.jpg
紙パックの飲物もしっかり置ける作りになっている。

probox_004.jpg
マルチホルダーにはスマートフォンがきっちり収まるサイズになっている。

probox_005.jpg
スライド格納式のインパネテーブルはパソコンを置いて作業したり、お弁当箱を置くスペースなどにも活用できる。

probox_006.jpg
営業カバンがすっきり収まる。

probox_002.jpg

1.3L車に1NR-FEエンジンを新搭載、1.5L車とともにSuper CVT-iとの組み合わせでクラス2トップの燃費性能を実現。 全車「エコカー減税」の対象とした。さらにVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールを全車標準装備するなど、環境・安全への配慮を一段と高めている。

1NZ-FEエンジン搭載の2WD(FF)車はJC08モード燃費を16.2km/Lから18.2km/Lに向上している。

2016年8月30日 一部改良
価格
プロボックス:138万240円~186万840円
サクシード:155万6280円~186万840円

今回の一部改良は、コマーシャルバンとして初搭載となる衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備。レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能とした。

さらに、シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与するドライブスタートコントロールや、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能を標準装備した。

 また、1.5L 2WD車にアイドリングストップ機能(Stop & Start System)を標準装備することで、JC08モード走行燃費19.6km/Lを実現し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成。「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」の認定とあわせ、「エコカー減税」の減税率を拡大した。

 そのほか、コンライトやイルミネーテッドエントリーシステムを全車標準装備し、利便性も向上。多様なビジネスシーンをサポートしている。

probox_2016_8_01.jpg

probox_2016_8_02.jpg

probox_2016_8_03.jpg

トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/13332599
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/3737378/

プロボックス
http://toyota.jp/probox/
サクシード
http://toyota.jp/succeed/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング