ホーム > 日本車 >スズキ > スズキ 新型 エスクード マイナーチェンジ デュアルセンサーブレーキサポート搭載 2018年8月発売

スズキ 新型 エスクード マイナーチェンジ デュアルセンサーブレーキサポート搭載 2018年8月発売

スズキは新型エスクード (海外名:Vitara)のマイナーチェンジを行い2018年8月に発売する。

2018年3月8日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018にて新型エスクードを世界初公開可能性がある。 新型エスクードの開発を進めテスト走行も始まっており、スパイショットも撮影されている。

新型エスクード マイナーチェンジモデル スパイショット


th_Suzuki Vitara Facelift 001

th_Suzuki Vitara Facelift 002

th_Suzuki Vitara Facelift 003

th_Suzuki Vitara Facelift 004

th_Suzuki Vitara Facelift 005

th_Suzuki Vitara Facelift 006

th_Suzuki Vitara Facelift 007

th_Suzuki Vitara Facelift 008

th_Suzuki Vitara Facelift 009

th_Suzuki Vitara Facelift 010

新型エスクード マイナーチェンジモデルについて


現行モデルのレーダーブレーキサポートⅡから、新型スイフトなどに搭載される、デュアルセンサーブレーキサポート搭載する。

フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで前方を検知するシステムを採用。 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する。

デュアルセンサーブレーキサポートについて


単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する。
1.前方衝突警報機能
約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。
衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。
2.前方衝突警報ブレーキ機能
衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。
3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、 ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。
4.自動ブレーキ機能
衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

誤発進抑制機能
ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献、前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。
停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。
車線逸脱警報機能
車線を外れそうになるとブザー音とメーター内の表示灯で警報
約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線の左右区画線を認識。車線を逸脱すると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。
ふらつき警報機能
車両が蛇行するとブザー音とメーター内の表示灯で警報
約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線内での車両の蛇行パターンから、ふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。
先行車発進お知らせ機能
先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ
停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。

エスクードについて


エスクードは1988年(昭和63年)に登場し、ライトクロカンという今日のクロスオーバーSUVの基となったジャンルを築きあげた車である。

東京モーターショー2013で出展された、iV-4が新型エスクードである。
スズキの鈴木会長からは2015年に新型SUVの量産をはじめると話た。

オプションにはレーダーブレーキサポートやアダプティブクルーズコントロールなども設定。
2014年10月から行われているパリモーターショーで出展の新型モデル「Grand Vitara」欧州版エスクードである。
2015年9月15日から開催のフランクフルトモーターショー2015で「Vitara S」を発表した。
スズキは新型エスクードを第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)で発表した。

エスクード(Vitara)は2015年10月15日から日本での販売が開始された。
従来モデルとなる直列4気筒2.4Lエンジン搭載車は「エスクード 2.4」と車名を改めつつ継続販売となる。
ライバル車は当然ホンダのヴェゼルやマツダのCX-3であ。

スズキは新型エスクード (海外名:Vitara S)に1.4ターボモデルを追加し2017年7月26日した。

日本モデルでも新グレードとして直4 1.4L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用する。

1.4L直噴ターボ ブースタージェットエンジン搭載モデル
価格:258万6,600円

ESCUDO_2018_342.jpg 新型エスクード 1.4ターボ エクステリア

ESCUDO_2018_345.jpg 新型エスクード 1.4ターボ インテリア

ESCUDO_2018_346.jpg

エスクード 1.6 日本仕様
全長:4,175mm
全幅:1,775mm
全高:1,610mm
ホイールベース:2500mm
車重:1140kg(2WD)/1210kg(4WD)

エンジンは

直列4気筒1.6Lエンジン
最高出力:117ps/6,000rpm
最大トルク:151Nm/4400rpm
トランスミッション:6速AT
駆動:2WD(FF)/4WD
4モード走行切替機能システム「ALLGRIP」を採用。

212万7600円~234万3600円

カラーは4色
アトランティスターコイズパールメタリック ブラック2トーンルーフ
ギャラクティックグレーメタリック
コスミックブラックパールメタリック
クールホワイトパール

新型エスクード 1.4ターボについて


VITARA_9482384.jpg Vitara S 1.4ターボ

VITARA_9482385.jpg

新型エスクード 1.4ターボモデルはフロントフェイスの変更となり、全面のフロントバンパーのデザインが新デザインのメッキフロントグリルは5スロットルタイプを採用し変更となる。

レッドプロジェクターカバーを採用した特徴的なLEDヘッドライトになった。 レザーとフェイクスウェードのシートや赤のアクセントでキャビン
アダプティブクルーズコントロール

7.0インチのタッチスクリーン付きインフォテインメントユニット
車とiPhoneを連携させる「Apple CarPlay対応インフォテインメントシステム」搭載。
レーダーブレーキサポートを含むアクティブセーフティパッケージなどの装備。

新型エスクード 1.4ターボ
全長:4,215mm
全幅:1,850mm
全高:1,655mm
ホイールベース:2,500mm

日本モデルでも新グレードとして直4 1.4L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用する。

直4 1.4L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用
最高出力140ps
最大トルク22.4kgm
6速マニュアルトランスミッション
次世代インテリジェントAWDシステム「オールグリップ」 4WD
JC08モード燃費:17.4km/L
価格:258万6,600円

エクステリア
メッキフロントグリル[5スロットタイプ]
17インチアルミホイール[ブラック塗装]
ルーフレール
LEDヘッドランプ[レッドプロジェクターカバー付]
LEDサイドターンランプ付カラードドアミラー[高輝度シルバー]

インテリア
ステンレス製ペダルプレート
本革巻ステアリングホイール[オーディオスイッチ付]
本革&スエード調シート表皮[エンボス加工]
6スピーカー(フロント2、フロントツイーター2、リヤ2)
アームレスト機能付コンソールボックス
アルマイトレッド加飾(メーターリング、エアコンルーバーリング、センタークロックガーニッシュ)
レッドステッチ(ステアリングホイール、シフトブーツ、シート)

カラーは6色

ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ
サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ
アトランティスターコイズパールメタリック ブラック2トーンルーフ
ギャラクティックグレーメタリック
コスミックブラックパールメタリック
クールホワイトパール

ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」を標準装備


ミリ波レーダーを利用した衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII(RBSII)」を全車で標準装備。
前方衝突警報機能、前方衝突警報ブレーキ機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、 自動ブレーキ機能を備え、安全機能を充実させた。
先行車との速度差や車間距離を測定し、あらかじめ設定した速度(約40km/h~約100km/h)で先行車との 車間距離を保ちながら自動的に加速、減速し追従走行する、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を標準装備。
衝突時の衝撃を効率よく吸収、分散する軽量衝撃吸収ボディー[TECT]を採用。
新開発プラットフォームにより、優れた衝撃吸収性を発揮。
スリップや横滑りを抑えるESP(R)を装備。
坂道で車両の後退を抑制する、ヒルホールドコントロールを装備。



suzuki-vitara.jpg

ESCUDO_03.jpg

suzuki-vitara_03.jpg

VITARA_111.jpg

VITARA_112.jpg

suzuki-vitara_05.jpg

VITARA_113.jpg

VITARA_114.jpg

VITARA_115.jpg

VITARA_116.jpg

vitara_01.jpg
Grand Vitara

スペック 新型 エスクード 1.4ターボ
全長 4,175mm
全幅 1,775mm
全高 1,610mm
ホイールベース 2,500mm
エンジン 直4 1.4L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」
最高出力 140ps
最大トルク 22.4kgm
JC08モード燃費 17.4km/L
価格 258万6,600円


新しい情報が入り次第お伝えいたします。

ソース
https://www.motor1.com/news/232950/suzuki-vitara-facelift-spied/
スズキニュースリリース
http://www.suzuki.co.jp/release/a/2017/0726/
エスクード
http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク