ホーム > 2018年 新車発売 モデルチェンジ まとめ > 2018年 ホンダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2018年 ホンダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

ホンダは全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2016年販売台数で 新型N-BOXが186,367台 新型N-BOXは軽自動車1位である。
現在正式発表はされていないが2017年販売台数でも新型N-BOXが軽自動車1位であることは今までの成績からもまず間違えないだろう。

乗用車車名別販売台数でも自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2016年販売台数ではホンダ 新型フィットが105,662台でトヨタ プリウス、アクア、シエンタに続き4位である。
15位には新型ステップワゴンが52,472台である。
2017年もほぼ同様の成績であろう。

2018年のホンダは各車種で先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)標準搭載し安全性と販売力強化を図る。

ホンダ 新型 レジェンド ビックマイナーチェンジ フロントフェイス変更 燃費向上 2018年2月9日発売



ホンダは新型レジェンドのビックマイナーチェンジを行い2018年2月9日に発売する。
第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて新型レジェンドを日本正式発表した。

honda_LEGEND_2018_011.jpg

レジェンド
全長:4,995mm
全幅:1,890mm
全高:1,480mm
ホイールベース:2,850mm
車両重量:1,980kg

V6 3.5L 直噴 i-VTEC エンジン
最高出力:314PS (231kW) /6,200rpm
最大トルク: :37.8kgf·m(371N·m) /4,700rpm
モーター最高出力 (H2型) :48PS (35kW) /3,000rpm
モーター最大トルク: (H2型) 15.1kgf·m(148N·m) /500-2,000rpm
モーター最高出力: (H3型) :37PS(27kW)/4,000rpm
モーター最大トルク: (H3型) :7.4kgf·m (73N·m) /0-2,000rpm
システム最大出力:381ps(276kw)
リチウムイオン電池
トランスミッション:7速DCT
JC08モード燃費:16.8km/L


ホンダ 新型 ヴェゼル マイナーチェンジ フロントフェイス変更など 2018年2月15日発表 16日発売


ホンダは新型ヴェゼルのマイナーチェンジを行い2018年2月15日発表し16日発売する。

2017年12月に入り公式ホームページにも、「一部タイプ・カラーがお選びいただけない場合があります。」と記載があり 現行モデルの終了が近い。

今回のマイナーチェンジではエクステリアの変更が行われる。
新型フィット ハイブリッドに搭載されたi改良版-DCD(スポーツハイブリッド)を採用しJC08モード燃費27.0km/Lから27.8km/Lとなる。
先進安全技術 Honda SENSING(ホンダ センシング)に新型N-BOXに搭載された「後方誤発進抑制機能」を搭載。

vezel_rs_02.jpg

ホンダ 新型 ジェイド マイナーチェンジ RSに2列シート5人乗りモデル追加 Honda SENSING標準搭載 フロントデザインなど変更 2018年5月18日発売



ホンダは新型ジェイドのマイナーチェンジを2018年5月18日発売に行う。
現行ジェイドは2018年2月頃でオーダーストップとなる。
広州モーターショー2016 においてマイナーチェンジした新型ジェイドを初披露した。

現在、ジェイドは、2×2×2の3列シートモデルのみの販売となっている。
要望が高い2×3の2列シート5人乗りモデル追加する、中国では既に販売されている。
RSグレードにこの5人乗りモデルをラインナップする。

JADE RS CUSTOM_2018_31

全長4,650 mm
全幅1,775 mm
全高1,530 mm
ホイールベース2,760 mm

ホンダ 新型 N-VAN Nシリーズ第6弾 ピラーレス 運転席以外フラットに収納 Honda SENSING 全車標準搭載 2018年7月13日発売



ホンダはNシリーズ第6弾となる商用車バン、新型N-VANを2018年7月12日発表に7月13日発売する。
事実上、バモス/アクティバンの後継車種として開発されている。

価格:126万7,920円〜179万9,280円

HONDA_N-VAN_2018_12.jpg

HONDA_N-VAN_2018_04.jpg
軽バン初の助手席側ピラーレスを採用。
ピラーレスの助手席側前後ドアを開けた時の開口部幅は1580mm。 リアシートに加え、助手席シートもフラットに収納できるダイブダウン機能を採用。



ホンダ 新型 アコード ハイブリッド フルモデルチェンジ 10代目 Honda SENSING 全車標準搭載 2017年10月から発売開始 日本2018年8月発売へ



新型となる10代目アコードは丸5年でのフルモデルチェンジとなる。
ホンダは新型アコードのフルモデルチェンジを行い米国2017年10月に発売を開始する。
日本では2018年8月から販売を開始する。

10代目アコードはすでにフルモデルチェンジを果たしている新型シビックに採用されたプラットフォーム新グローバルスモールプラットフォームを採用し、現行モデルに比べサイズを縮小する。これにより、現行よりもスタイリッシュなモデルとなりそうだ。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載。

Honda-Accord-2018-106.jpg

ホンダ 新型 CR-V ハイブリット フルモデルチェンジ 5代目 Honda SENSING 標準搭載 日本2018年8月30日発売


ホンダは新型CR-V / CR-V ハイブリッドのフルモデルチェンジを行い、2017年7月9日に中国にて発表した。日本では2018年8月30日から発売を開始する。

2018年3月8日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018にて新型CR-V ハイブリッドを公開する。


新型CR-Vは1.5L 4気筒ターボエンジンVTEC Turboと安全運転支援システムである「Honda SENSING」を標準搭載。

新型CR-V ハイブリッドは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載し、力強い走行性能と優れた環境性能を両立した。更に、3列シートの7人席をラインナップする。

honda-cr-v-euro-2019_01.jpg

ホンダ 新型 クラリティPHEV プラグインハイブリッド / エレクトリック 第45回東京モーターショー2017量産モデル正式発表 日本2018年8月発売


ホンダは新型「クラリティ エレクトリック」「クラリティ PHEV プラグインハイブリッド」を2017年内に米国から販売を開始する。日本では2018年8月頃から販売を開始する。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルを正式発表した。

2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にて「クラリティ エレクトリック」「クラリティ プラグインハイブリッド」を公開した。クラリティ プラグイン ハイブリッド 2017年中に米国で販売を開始。クラリティ エレクトリック 2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始する予定。

Honda Clarity Electric_2018_0112

ホンダ 新型 フィット ハイブリッド マイナーチェンジ (一部改良)「Honda SENSING」 標準搭載 2018年9月発売


ホンダは新型フィットの初のマイナーチェンジ(一部改良)を2018年9月発売する。

予想価格:151万円~236万7360円

今回のマイナーチェンジ(一部改良)変更点は?

先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を全車標準装備し、更に後方誤発進抑制機能とオートハイビームを搭載し安全性能を高める。
ショートアンテナからシャークフィンアンテナを採用。
1.0L 3気筒直噴ガソリンターボエンジンをRSグレードに搭載

FIT3_2018_02.jpg


※最新自動車情報2018調べ
発売日の間違え、予想も含まれております。

ホンダ
http://www.honda.co.jp/auto/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング