ホーム > 日本車 >ダイハツ >ダイハツ 新型 ウェイク マイナーチェンジ スマートアシストⅢ搭載 2017年11月30日発売

ダイハツ 新型 ウェイク マイナーチェンジ スマートアシストⅢ搭載 2017年11月30日発売

ダイハツは新型ウェイクのマイナーチェンジを行い2017年11月30日に発売する。

ウェイクについて


ウェイクは軽トールワゴン(軽スーパーハイトールワゴン)である。
両側スライドドアとなっているが、タントとは異なり「ミラクルオープンドア」は採用されていない。

2014年11月10日に発売。
「もっと軽にできること」をキーワードに、日常用途はもちろん、レジャー用途など多用途に使える新ジャンルの軽自動車を開発。
驚きのパッケージアレンジとすることで、軽最大の室内空間「ウルトラスペース」や、座って分かる見晴らしの良さ「ファインビジョン」などを実現した。

軽最大の室内空間「ウルトラスペース」
◆軽最大の室内空間を1,835mmの全高で実現
◆室内高は、軽自動車No.1の1,455mm

座って分かる見晴らしの良さ「ファインビジョン」
◆目線の高さを1,387mmとして、運転しやすい軽自動車を実現
高さを感じさせない安心・安全の基本性能「ファン&リラックスドライブコンセプト」
◆全高1,835mmに対応した、高い車両安定性と乗り心地の良さ
◆直進安定性を高める空力フィンの採用
◆軽量化による重心高の抑制

圧倒的な荷室の使い勝手の良さ「ミラクルラゲージ」
◆大容量ラゲージアンダートランクの設定
◆リヤシート背面のスライドレバー設定や撥水加工シートの採用
◆充実したインパネ周りの収納

2016年5月17日 ウェイクの一部改良で新型タントや新型ブーンに搭載されている先進技術を取り入れ「スマートアシストⅡ」が採用される。

新しいデザインのフロントフードガーニッシュを採用
フロント/リヤバンパーガーニッシュをボディ同色として、スタイリッシュな印象を表現
フロントフォグランプを標準装備し、質感を向上
インパネ加飾は、オーディオパネル、カップホルダーをプレミアムシャインシルバー
センタークラスターをプレミアムシャインブラックとして、質感を向上

ボディカラーには新色となる「フレッシュグリーンメタリック」「ミストブルーマイカメタリック」の2色を設定。
ボディカラー9色に加えてホワイトルーフの2トーンカラーを5種類用意して、計14パターンの豊富なバリエーションを実現している。

wake-new-049287.jpg 現行ウェイク wake-new-049282.jpg 2016年6月13日 商用モデルとしてウェイクのセカンドシートを省いたの新型ハイゼットキャディーを発売。

hijet_caddie_01001.jpg ハイゼットキャディー

 
スペック 新型ウェイク
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,835mm
ホイールベース 2,455mm
エンジン 660cc 水冷直列3気筒 DOHC
最高出力 52ps/6,800rpm
最大トルク 6.1kgm/5,200rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 FF
JC08モード燃費 25.4km/L


CMキャラクターには玉山鉄二、中島広稀を起用。


ダイハツは新型ウェイクのマイナーチェンジモデルについて


今回のマイナーチェンジで新型タント/ タントカスタム新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。

先進技術「スマートアシストⅢ」を搭載


世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。
スマートアシストⅢはJMCPN 予防安全性能アセスメントにおいて「ASV++」を獲得している。



■衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両、対歩行者)
①衝突警報(対車両、対歩行者)
走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

②一次ブレーキ(対車両、対歩行者)
衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。

③被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者)
一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者)
衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

■車線逸脱警報機能
走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促します。

■先行車発進お知らせ機能
停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせします。 ■AT誤発進抑制制御機能
①前方誤発進抑制制御機能
ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

②後方誤発進抑制制御機能
リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

■ハイビームアシスト
ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

「スマートアシストⅡ」「スマートアシストⅢ」の違いについて


機能システム スマートアシストⅡ スマートアシストⅢ
方式 レーザーレーダー+単眼カメラ ステレオカメラ
自動ブレーキ 歩行者 -
警告のみ
(50km/h以下)

(50km/h以下)
自動ブレーキ 衝突回避
(20km/h以下)

(30km/h以下)
自動ブレーキ 被害軽減
(30km/h以下)

○(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)

誤発進抑制 前方/後方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
オートハイビーム -


今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ダイハツ スマートアシストⅢ
https://dport.daihatsu.co.jp/information/sumaashi/
ダイハツニュースリリース
http://www.daihatsu.co.jp/wn/2016/0517-1/20160517-1.pdf
ダイハツ ウェイク
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/



この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク