ホーム > 日本車 >三菱 >三菱 新型 RVR マイナーチェンジ (一部改良) 予防安全技術「e-Assist」追加 2017年10月5日発売

三菱 新型 RVR マイナーチェンジ (一部改良) 予防安全技術「e-Assist」追加 2017年10月5日発売

三菱は新型RVRのマイナーチェンジ(一部改良)し、2017年10月5日に発売した。
予防安全技術「e-Assist」の追加した。

価格:205万8480円~254万1240円

RVR_2017_011.jpg

新型 RVR のマイナーチェンジ(一部改良)モデルについて


ニュースリリースより
(1)エクステリア
フロントバンパーとフロントグリル、リヤバンパーのデザインを変更し、テールゲートにメッキガーニッシュを採用して、アグレッシブでスポーティなイメージとしました。
LEDデイライトを上級グレード「G」に標準装備(「M」はメーカーオプション設定)し、周囲からの被視認性を高めました。
高輝度な新色スターリングシルバーメタリックを設定しました。

(2)インテリア
センターパネル、シフトポジションインジケーターパネル、フロアコンソールのデザインを変更するとともに、フロアコンソールニーパッドも追加しました。さらに上級グレード「G」ではパワーウインドウスイッチパネルをシルバー塗装とすることで、上質感を向上させました。
フロアコンソール前方へ取り外し可能なスマートフォントレイを装備し、インパネ下部にUSBポートを装備して、利便性を向上させました。

(3)安全装備
予防安全技術「e-Assist」を上級グレード「G」に標準装備(「M」はメーカーオプション設定)しました。
衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)は前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減または回避します。
車線逸脱警報(LDW)は車線を外れそうになると警報で注意を促します。
オートハイビーム(AHB)は対向車両・前方車両の有無、道路周辺の明るさなどに合わせ、自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視認性を高めます。

(4)機能装備
ディスプレイオーディオにスマートフォンとの連携機能を追加したスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)をメーカーオプション設定しました。

車の中でiPhoneを使うためのより優れた、安全な方法「Apple CarPlay」に対応。Siriやタッチスクリーンで行き先を調べる、電話をかける、メッセージを送受信する、音楽を聴くなど、運転に集中したまますべてをこなします。さらに、高度な音声認識でGoogleマップTMなど各種アプリの操作が可能な「Android AutoTM」にも対応しています。

新型 RVR のマイナーチェンジ(一部改良)モデル 価格


M
2WD(FF):2,058,480円
4WD :2,295,000円
G
2WD(FF):2,304,720円
4WD :2,541,240円


ニュースリリース
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5122.html

RVR
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/



この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク