ホーム > 日本車 >トヨタ > トヨタ 新型 ヴィッツ GR SPORT マイナーチェンジモデルにスポーツグレード追加 2017年9月19日発売

トヨタ 新型 ヴィッツ GR SPORT マイナーチェンジモデルにスポーツグレード追加 2017年9月19日発売

トヨタは新型ヴィッツのビックマイナーチェンジを行い2017年1月12日に発売した。
ヴィッツG`sはこのマイナーチェンジを受け販売を終了した。「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。
そして新型 ヴィッツ GR SPORTを2017年9月19日に発売を開始した。

価格:208万7,640円〜232万9,560円

更に、ヴィッツ GR SPORTをベースにした200台限定車となる新型ヴィッツGRMN2を2018年4月発売する。


toyota-vitz-gr-20170919_01.jpg
新型 ヴィッツ GR SPORT
toyota-vitz-gr-20170919_02.jpg

toyota-vitz-gr-20170919_08.jpg
新型 ヴィッツ GR SPORT ハイブリッド
toyota-vitz-gr-20170919_09.jpg

toyota-vitz-gr-20170919_04.jpg

toyota-vitz-gr-20170919_05.jpg

toyota-vitz-gr-20170919_03.jpg

toyota-vitz-gr-20170919_06.jpg

toyota-vitz-gr-20170919_07.jpg

新型 ヴィッツ GR SPORT 公式動画




GRシリーズについて


「GR」は、「もっといいクルマづくり」を目指すGAZOO Racing Companyが、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ)や、全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズ。モデル体系としては、エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」を設定する。また、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も設定。走りの機能を追求するパーツとして、将来的には機能系アイテムも導入する計画である。


新型 ヴィッツ GR SPORTについて


新型 ヴィッツ GRはマイナーチェンジモデルをベースにG`sモデルの流れを引き継いだモデルだ。

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし 「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。

新型 ヴィッツ GR SPORT 主要装備


走るための機能をストイックに追求した水平/垂直の「Functional MATRIX」グリル
専用エンブレム(全車 : 前後、サイド)
専用スポーティシート(GRロゴ入り)
ドアトリム、フロントシート等にスポーティさを演出した専用加飾やシルバーステッチ
GR専用スタートスイッチ(HVはパワースイッチ)
専用チューニングサスペンション(GRはSACHS=ザックス製ショックアブソーバー)
スポット打点追加
ブレース追加(GR)
10速スポーツシーケンシャルシフトマチック(GRのCVT車のみ)
アルミペダル(GRのみ)
小径ステアリングホイール(GRのみ)

新型 ヴィッツ GR SPORT ボディカラーについて


スーパーホワイトⅡ
ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)
シルバーメタリック
グレーメタリック
ブラックマイカ
スーパーレッドV
ルミナスイエロー(メーカーオプション)
ブルーメタリック

新型 ヴィッツ GR SPORT 価格について


ヴィッツ GR SPORT“GR” 5MT/Super CVT-i :2,303,640円
ヴィッツ GR SPORT 5MT/Super CVT-i :2,087,640円
ヴィッツ GR SPORT ハイブリッド :2,329,560円

先進技術のToyota Safety Sense C搭載



Toyota Safety Sense Cの主な特長
 レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
 レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。

レーンディパーチャーアラート(LDA)
 カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
 カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。


トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/18634585/
GR
https://toyotagazooracing.com/jp/gr/


この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング