ホーム > 2017年 新車発売 モデルチェンジ まとめ >2017年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2017年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2016年は2015年12月9日発売に発売した新型プリウスが販売開始から
12ヶ月連続首位であり1万台以上で好調であった。


この新型プリウスから搭載された、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを新型モデルには次々に採用していく。

更に、安全支援システム 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」も採用される。

マイナーチェンジを行う車種も多数あり、2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行に伴い、2017年後半にGRモデルを発売する。

今後、2016年に生産終了を発表した車種の改変が行われ、2017年から2020年までに次々と車種を投入するだろう。

トヨタ 新型 C-HR (CHR) 2016年12月14日発売


新型プリウスに続く共通プラットフォームTNGA(Toyota New Global Architecture)を
採用する第2弾モデルとなる。
衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備

TOYOTA_C-HR_new_001.jpg

新型 C-HR
全長:4,350mm
全幅:1,795mm
全高:1,555mm
ホイールベース:2,640mm

Tグレード
1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
最大出力:116ps/5,200-5,600rpm
最大トルク:18.9kgm/1,500-4,000rpm
トランスミッション:6MT/Super CVT-i(自動無段変速機)
駆動方式:FF/AWD
JC08モード燃費:15.4km/L
価格:251万6,400円〜277万5,600円

2.0Lエンジンモデル(後日発売予定)
2.0L 直列4気筒 DOHCエンジン
最大出力:150ps/6,100rpm
最大トルク:19.7kgm/3,800rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
価格:264万6,000円〜290万5,200円

トヨタ 新型 ヴィッツ ビックマイナーチェンジ 2017年1月12日発売



現行モデルは2010年から販売が開始され、既に6年が経過している
そこで今回のビックマイナーチェンジのタイミングでハイブリッドモデルの投入だ!!

vitz_2017_new_0381.jpg

新型 ヴィッツハイブリッド
全長:3,905mm
全幅:1,695mm
全高:1,510mm
ホイールベース:2,510mm

直4 1.5Lエンジン+モーター リダクション機構付のTHSⅡ
最高出力:74ps/4,800rpm
最大トルク:11.3kgm /3,600 - 4,400 rpm
モーター最大出力:61ps
モーター最大トルク:17.2 kgm
駆動方式:2WD
価格:181万9800円〜223万7,760円

新型ヴィッツは全グレードJC08モード燃費34.4km/L!!

トヨタ 新型 プリウスPHV プラグインハイブリッド 2017年2月15発売


トヨタは新型の2代目プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の
フルモデルチェンジを2016年10月26日に発売する予定だったが延期し
2017年2月15日に日本発売を開始した!!

新型プリウス50系をベースに開発しているが差別化を図るため、フロントデザイン
(ヘッドライト、フロントバンパーなど)を 新型プリウスをベースにしているがフロント、
リヤにオリジナルデザインを採用。

prius_phv_new_08146.jpg

新型プリウスPHV (プリウス プライム)
全長:4,645mm
全幅:1,760mm
全高:1,470mm
ホイールベース:2,700mm
パワートレイン:直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
エンジン最高出力:98ps/14.5kgm
第一モーター出力:72ps/16.6kgm
第二モーター出力:31ps/4.1kgm
駆動方式:2WD(FF)
バッテリー:リチウムイオン 電力量 8.8kWh
EV航続可能距離:68.2km
EV走行最高時速:135km/h
セル容量:25Ah
セル個数:95個
総電力量8:.8kWh
トランスミッション電気式無段変速機
JC08モード燃費:37.2km/L(ハイブリット走行時)
乗車定員:4人
価格:326万~422万円

トヨタ 新型 アクア マイナーチェンジ 2017年6月19日発売


トヨタは新型アクアのマイナーチェンジを行い2017年6月に発売する!!

AQUA_S_Style Black_01

アクア  
価格:176万1382円~209万291円
アクア クロスオーバー (X-URBAN )
価格:210万109円~215万5091円

今回のマイナーチェンジではエンジンやシャーシを見直し、燃費改善が行われる。
これによりJC08モード燃費38km/Lに向上(従来型比+1.0km/L)する。

内装デザインの変更を行い、エクステリアもヘッドライト、テールランプのデザイン変更が行われる。
更に、SUVモデル「X-URBAN(エックスアーバン)」もスタイルを変更し「クロスオーバー」と名前を変更する。

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし
「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。

パフォーマンスモデルとなる新型アクア GRを追加する。
新型アクア TGRはマイナーチェンジモデルをベースにG`sモデルの流れを引き継いだモデルだ。


トヨタ 新型 ハリアー ビックマイナーチェンジ 2017年6月8日発売


トヨタは新型ハリアーのビックマイナーチェンジを2017年6月8日に発表し発売を開始する!!

価格:294万9,380円〜495万3,960円

harrier_2018_061.jpg

そして2年半というタイミングでのマイナーチェンジを2016年6月2日に発表し発売を開始した!!
そして、3年半のタイミングとなる今回はビックマイナーチェンジを行う!!
現行モデルで採用されている予防安全技術プリクラッシュセーフティシステム
(ミリ波レーダー)ではなく。
新型プリウスに搭載された先進技術「Toyota Safety Sense P」を採用する!!

現行グレード GRANDを廃止。PREMUMの上級モデルPROGRESS 新設定する。
新開発ダウンサイジングターボ「2.0Lターボエンジン 8AR-FTS」を採用。
更に、Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載し価格改定も行われる。
エクステリアは3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、を装備。
サイドミラー 下にウェルカムランプを装備。
前後バンパーデザイン変更。
テールランプデザインを変更。
ボディカラーに新色を追加。
インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキを採用。
ナビのサイズはトヨタ純正ナビは8インチから9.2インチに変更など

トヨタ 新型 ノア ヴォクシー マイナーチェンジ 2017年7月3日発売


トヨタは新型 ノア ヴォクシーのマイナーチェンジを2017年7月3日に行い発売を開始する。
予想価格:230万円〜330万円

新型ノア /ヴォクシーの変更点について

ノア グレード特別仕様車「Si WxB(ダブルバイビー)」/X“V Package”廃止
ヴォクシー グレード 特別仕様車「ZS “煌Ⅱ″(キラメキツー)」/X“C Package”廃止
ヘッドライトとテールランプのデザイン変更。
前後バンパーデザイン変更。
フォグランプを標準でLED化。
ノアはヘッドランプに2眼Bi-Beam LEDを採用。
ヴォクシーはヘッドランプに3眼Bi-Beam LEDを採用。
新規開発した15インチ、16インチアルミホイルを採用。
クルーズコントロール全車標準装備
2色カラー新設 ブラック系とブラウン系を追加。
ヴォクシーにはイナズマスパーキングブラックガラスフレークを追加

voxy1707_02_010.jpg

全長:4,695mm(X/G) 4,710mm(Si)
全幅:1,695mm(X/G) 1,730mm(Si)
全高:1,825mm(FF) 1,865mm(X/G・4WD) 1,870mm(Si・4WD)
ホイールベース:2,850mm

ガソリン車
3ZR-FAE型 2.0L 直4 DOHC
最高出力:152ps/6,100rpm
最大トルク:19.7kgm/3,800rpm
JC08モード走行燃費:16.0km/L

ハイブリッド車
2ZR-FXE型 1.8L 直4 DOHC+モーター
最高出力:99ps/5,200rpm
最大トルク:14.5kgm/4,000rpm
モーター最高出力:82ps
モーター最大トルク:21.1kgm
JC08モード走行燃費:23.8km/L

トヨタ 新型 エスクァイア マイナーチェンジ 高級感をよりアップさせたデザイン変更 2017年7月3日発表、発売開始



トヨタは新型 エスクァイアの初のマイナーチェンジを2017年7月3日発表を行い発売を開始する。
予想価格:270万円〜345万円

新型エスクァイアの変更点について

エスクァイア Gi “Black-Tailored”廃止
最上級パッケージ Gi Premium Package 追加
ヘッドライトとテールランプのデザイン変更。
前後バンパーデザイン変更。
フロントグリルのデザインを変更し、縦ラインを立体感をだし、グリルの横幅を拡大、ベッドランプからフォグベセルまでメッキを追加し高級感をアップさせた。
フォグランプを全グレード標準でLED化。
15インチアルミホイールを変更、(切削光輝+ダークグレーメタリック)
2色カラー新設 ブラキッシュアゲハガラスフレーク、アバンギャルドブロンズメタリックを追加。

esq1707_02_04.jpg


新型エスクァイア
全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高 1,820mm
ホイールベース:2,850mm
エンジン:1.8L 直4気筒 DOHC+モーター(THSⅡ)
最高出力:99ps/5,200rpm
最大トルク:14.5kgm/4,000rpm
モーター最高出力:82ps
モーター最大トルク:22.1kgm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
JC08モード燃費:24.0km/L
価格:270万円〜345万円


トヨタ 新型 カムリ ハイブリッド フルモデルチェンジ 日本2017年7月10日発売


トヨタは新型カムリの開発を進め、フルモデルチェンジを行い2017年7月10日日本発売。

2017年1月8日に北米で開催したデトロイトモーターショー2017で正式発表された。

Toyota Camry_4721

新型カムリは9代目となるが、丸6年でのフルモデルチェンジとなる。

今回のフルモデルチェンジは2015年12月9日に発売が開始された、
新型プリウスの技術を多用に使用する!!

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得る!
現行に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる!!

ガソリン車用
直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S
最高出力:205ps/6600rpm
最大トルク:250Nm/4800rpm

ハイブリッド車用
直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S
最高出力:176ps/5700rpm
最大トルク:220Nm/3600-5200rpm

トヨタ 新型 シエンタ ハイブリッド マイナーチェンジ 特別仕様車”G Cuero”追加 2017年8月1日発売


トヨタは新型シエンタのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2017年8月1日に発売を開始する。

特別仕様車”G Cuero”をGグレードに追加する。

20150709150124e06.jpg

約2年でのマイナーチェンジを行うシエンタはGグレードに特別仕様車”G Cuero”を設定。
シートやステアリングに革を使った特別仕様車となる。
シート表皮に、合成皮革と上級ファブリックを組み合わせ、上質感を高め、シート、シフトノブ、ステアリングホイールの随所にオレンジのステッチを施し、おしゃれな室内空間を演出。

更に、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」、視認性を高めるスタイリッシュなLEDランプパッケージ、先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ドライバーにお知らせする先行車発進告知機能などを特別装備。

ボディカラーは特別設定色クールボルドーガラスフレーク(オプション)を含む、全5色を設定。

新型 シエンタ ハイブリッド
全長:4,235mm
全幅:1,695mm
全高:1,675mm
ホイールベース:2,700mm
エンジン1NZ-FXE直4DOHC+モーター
排気量:1,496㏄
最高出力:74ps/4,800rpm
最大トルク:11.3kgm/3600~4,400rpm
システム出力:100ps
JC08モード燃費:27.2km/L
価格:222~233万円


トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド マイナーチェンジ(一部改良) Toyota Safety Sense P 標準搭載 2017年9月12日発売


トヨタは新型ランドクルーザー プラド 150系 マイナーチェンジ(一部改良) を2017年9月12日に発売する!!
今回のマイナーチェンジでは衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を採用し全グレード標準装備する。

約2年でのマイナーチェンジ(一部改良)によりエクステリアの変更は多少行われる。
全グレードLEDヘッドライト、フォグLED化に変更、フロングリル、バンパーなどが変更されイメージを一新する。
サイズやエンジンなどの仕様には変更はない。
インテリアも変更され、ピアノブラック調加飾に変更が行われ、メーター周りも変更が行われる。

現在はTXグレードの2.8Lディーゼル車は5人乗りのみであるが7人乗りも設定される。
更にTX-Gの2.8Lディーゼル車は7人乗りのみであるが5人乗りも設定する。

ダークスチールM・ブロンズマイカMを廃止。
新色ブラッキッシュアゲハガラスフレーク・アバンギャルドブロンズMを追加。

今回は2016年12月9日から発売した新型プリウスから採用された 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を初採用し全グレード標準搭載とする!!

G-FRONTIER_0197.jpg

全長:4,760mm
全幅:1,885mm
全高:1,835mm-1,850 mm
ホイールベース:2,790 mm

1GD-FTV 2.8L 直4 DOHC ディーゼルエンジン
最高出力:177ps/3,400rpm
最大トルク:45.9kgm/1,600~2,400rpm
JC08モード燃費:11.2~11.8km/L

2TR-FE 2.7L 直 4 DOHC エンジン
最高出力:163ps/5,200rpm
最大トルク:25.1kgm/3,900rpm
JC08モード燃費:9.0km/L

トヨタ 新型 ハイラックス フルモデルチェンジ ピックアップ復活 日本2017年9月12日発売


トヨタは新型ハイラックスのフルモデルチェンジを行い2015年3月15日からタイで販売を開始した。
そして、日本でも2017年9月12日に販売を開始する予定だ。

hr_HiLux_2016_17.png

全長:5,335mm
全幅:1,855mm
全高:1,820mm
ホイールベース:3,085mm

新開発 直4 2.7L ディーゼルエンジン 2TR-FE型
最高出力177hp
最大トルク450Nm
トランスミッション:6速AT/6速MT

新開発 2.4L 直4 ディーゼルエンジン 2GD-FTV型
最高出力150hp
最大トルク400Nm
トランスミッション:6速AT/6速MT

直4 2.7L ガソリンエンジン
最高出力166hp
最大トルク245Nm

トヨタ 新型 プリウス /プリウス PHV GR 専用バンパー、アルミホイールなどを装備、スポーツ性能を向上し 2017年9月発売



トヨタは新型プリウス/ プリウスPHVにGRモデルをラインナップし2017年9月に発売する!!

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし
「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。

purius_Gs_00029.jpg

トヨタ 新型 アルファード /ヴェルファイア マイナーチェンジ Toyota Safety Sense P搭載 2017年10月発売



aru_456789245.jpg

アルファード / ヴェルファイア マイナーチェンジモデルの変更点について

エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。
フォグランプを標準でLED化。
インテリアの質感をアップ。
新規開発アルミホイールを採用。

トヨタ 新型 カムリ ハイブリッド フルモデルチェンジに伴い搭載される。
新型 直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engineを搭載する予定だ。

衝突回避支援パッケージ Toyota Safety Sense Pを標準装備。
レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。


トヨタ 新型 カローラフィルダー / アクシオ マイナーチェンジ JC08モード燃費34.0km/L 2017年10月発売


toyota_corolla_55555667889240.jpg

新型カローラ マイナーチェンジモデルについて

今回のマイナーチェンジではエンジンやシャーシを見直し、燃費改善が行われる。

これによりハイブリッドグレードがJC08モード燃費34.0km/L(従来型比+0.2km/L)とする。
エクステリアもヘッドライト、テールランプの標準でLED化とデザイン変更が行われる。
内装デザインの変更を行い、TFTディスプレイ画面標準化、ステアリングスイッチ標準化。


トヨタ 新型 ヴィッツ GR GRMN2 2017年10月発売


トヨタは新型ヴィッツのビックマイナーチェンジを行い2017年1月12日に発売した。
ヴィッツG`sはこのマイナーチェンジを受け販売を終了した。

そしてマイナーチェンジした新型ヴィッツをベースに専用チューニングしたGRシリーズの
GRMN2を200台限定モデルとして2017年10月発売する予定だ!!

Yaris_GRMN_2018_011.jpg

ヴィッツ GR
全長:3980mm
全幅:1695mm
全高:1490mm
ホイールベース:2510mm
乗車定員:5人

2ZR-FE 1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン イートン・スーパーチャージャー
最高出力:162kw(220ps)/6,800rpm
最大トルク:250Nm(25.4kg/m)/4600rpm
トランスミッション:6MT
駆動方式:FF

最高出力220psの出力と250Nm(25.4kgm)のトルクを実現。
1.8Lのスーパーチャージャーおよび吸気冷却エンジンは低回転からトルクを引き出せる
瞬時の加速が可能となる。

トヨタ 新型 アルファード /ヴェルファイア マイナーチェンジ 2017年10月発売


トヨタは新型アルファード /ヴェルファイアのマイナーチェンジを行い2017年10月に発売する予定だ!!

約2年半でのマイナーチェンジによりエクステリアの変更は多少行われる。
サイズやエンジンなどの仕様には変更はなさそうだ。
今回は2016年12月9日から発売した新型プリウスから採用された
衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を採用する!!

20160704173355b80.jpeg

全長:4,915mm
全幅:1,850mm
全高:1,880mm
ホイールベース:3,000mm

ハイブリッド車
2AR-FXE 2.5L 直4 DOHC+モーター
エンジン最高出力:152ps/5700rpm
エンジン最大トルク:21.0kgm/4400-4800rpm
フロントモーター最高出力:143ps
フロントモーター最大トルク:27.5kgm
リヤモーター最高出力:68ps
リヤモーター最大トルク:14.2kgm
システム最高出力:197ps
JC08モード燃費:18.4〜19.4km/L

2.5Lガソリン車
2AR-FE 2.5L 直4 DOHC
最高出力:182ps/6000rpm
最大トルク:24.0kgm/4100rpm
JC08モード燃費:11.6〜12.8km/L

3.5Lガソリン車
2GR-FE 3.5L V6 DOHC
最高出力:280ps/6200rpm
最大トルク:35.1kgm/4700rpm
JC08モード燃費:9.5km/L

トヨタ 新型 センチュリー 20年ぶりの フルモデルチェンジ 2017年10月頃発売へ!!


トヨタは新型センチュリーをフルモデルチェンジを行い2017年10月に発売する。
2017年2月4日にフルモデルチェンジを控え休売に入り公式サイトの掲載も終了する。

2017年はトヨタの創業者である豊田佐吉の生誕150周年であり、最高級乗用車の
センチュリーを現代の技術により20年ぶりのフルモデルチェンジする。

KAW-FS-Hybrid-1.jpg

トヨタの最高級乗用車らしい、より安全で快適な車へと生まれ変わる!!
TNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォームを採用
「Toyota Safety Sense P」を採用
V6DOHC 3.5L+モーター マルチステージハイブリッドシステム採用

V型6気筒 3.5Lエンジン+モーター
最高出力:299ps(220kW)/6,600rpm
最大トルク:348Nm/4,900rpm
トータル最高出力:358ps(264kw)

トヨタ 新型 アクア GR マイナーチェンジモデルに追加 2017年11月に発売



トヨタは新型アクアのマイナーチェンジを行い2017年6月19日に発売する!!
更に、パフォーマンスモデルとなる新型アクア GRを2017年11月に追加し発売する。
新型アクア TGRはマイナーチェンジモデルをベースにG`sモデルの流れを引き継いだモデルだ。

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし
「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。

東京オートサロン2017<1月13日(金)〜15日(日)>にてAQUA TGR Conceptを日本初公開した。

aqua_Gs_20391.jpg

アクア G`s
全長:4,055mm
全幅:1,695mm
全高:1,430mm
ホイールベース:2,550mm

1.5L 水冷直列4気筒DOHC 1NZ-FXE
最高出力:54kW(74ps)/4,800rpm
最大トルク:111N・m(11.3kgm)/3,600~4,400rpm
モーター最高出力:45kW(61ps)
モーター最大トルク:169N・m(17.2kgm)

トヨタ 新型 ノア ヴォクシー GR マイナーチェンジにスポーツモデル追加 2017年11月発売


トヨタは新型 ノア ヴォクシーのマイナーチェンジを2017年7月3日に行い発売を開始する。
2017年7月3日の発売にともない伴い一旦、現行ノアG’s /ヴォクシーG’sは生産終了した。
このマイナーチェンジモデルをベースにスポーツモデルとなる新型 ノア ヴォクシー GRを2017年11月に発売する。

ノア ヴォクシー G`sモデルについて

新型ノア ヴォクシーをベースにG`sモデル2016年4月20日追加した。
新スポーティミニバンの提案”をキーワードとして、ヴォクシー、ノアに“G's”が持つ 「走りの味」「クルマの楽しさ」を付与。
ミニバンを意識させない、「走りの楽しさ」「操る喜び」を追求した走りと上質な乗り心地を両立。
さらに、スポーティかつ個性的な外観や、走る気持ちを高揚させる室内空間を演出している。

VOXY Gs_new_01


トヨタ 新型 カローラハッチバック オーリス / オーリスハイブリッド 後継 フルモデルチェンジ 2017年12月発売!!


丸5年でのフルモデルチェンジを果たす!!

今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された
新型プリウスに採用されている物をベースに開発が進んでいる!!

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用することによって、
現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。

Toyota Auris 2018_spy_043


トヨタ 新型 アベンシス フルモデルチェンジ 2017年12月発売


トヨタは新型アベンシスのフルモデルチェンジを2017年12月発売する!!

新型プリウスと非常に似た顔つきのデザインだと言われている!!
既に、欧州で開発中のテストカーがスパイショットされている!!
Toyota Avensis Estate 2018_spy_01

現行モデル同様に先進技術、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準搭載する!!

1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター (新THSⅡ)
最高出力:98ps/5,200rpm
最大トルク:14.5kgm/3,600rpm
モーター最大出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgm
駆動方式:FF/AWD(E-Four)
JC08モード燃費:35.0km/L(現行30.4km/L)

1.6L 直列4気筒 ターボ ディーゼル
最高出力:110ps/4000rpm
最大トルク:27.5kgm/1750-2250rpm
駆動方式:FF/AWD
JC08モード燃費:20km/L


※最新自動車情報2017調べ
発売日の間違え、予想も含まれております。

トヨタ自動車
https://toyota.jp/




この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク