ホーム > 輸入車 >アウディ > アウディ 新型 A6 A6アバント フルモデルチェンジ 新世代アウディデザインを採用 2018年発売

アウディ 新型 A6 A6アバント フルモデルチェンジ 新世代アウディデザインを採用 2018年発売

アウディは新型A6(セダン)/A6アバント(ステーションワゴン)のフルモデルチェンジを行いドイツでは2018年6月に発売した。日本では2019年3月頃に発売を開始する。

2018年3月8日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018にて新型A6を世界初公開。
2018年3月28日〜4月8日に開催されるニューヨーク国際オートショー2018で新型A6を公開する。
2018年4月11日(現地時間)に新型A6 アバントを発表した。

新型A6 エクステリア


2019-Audi-A6-1-1.jpg

2019-Audi-A6-4.jpg

2019-Audi-A6-11.jpg

2019-Audi-A6-12.jpg

2019-Audi-A6-13.jpg

2019-Audi-A6-14.jpg


新型A6 アバント エクステリア


2019-Audi-A6-Avant-1_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-2_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-3_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-4_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-5_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-6_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-7_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-8_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-9_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-10_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-11_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-12_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-18_result.jpg

新型A6 インテリア


2019-Audi-A6-5.jpg
ブラックパネルデザインを採用。
MMIナビゲーションプラス及びAudi connect(アウディコネクト)
2019-Audi-A6-9.jpg

2019-Audi-A6-10.jpg

2019-Audi-A6-19.jpg

2019-Audi-A6-21.jpg

2019-Audi-A6-22.jpg

新型A6 アバント インテリア


2019-Audi-A6-Avant-21_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-22_result.jpg

2019-Audi-A6-Avant-23_result.jpg




A6 について


1968年から販売されていたアウディ・100の後継モデルとしてアウディA6を販売
高級乗用車である。
セダンとアバントと呼ばれるステーションワゴンがあり、
駆動方式は前輪駆動(FF)かクワトロと呼ばれる四輪駆動(4WD)である。

現行モデルは4代目で2011年8月23日に発表発売が開始された。
2012年2月9日にアバント国内導入。
2015年7月30日にマイナーチェンジ。「マトリクスLEDヘッドライト」の採用やグレード構成を変更した。
2016年10月20日 一部改良。
audi-a6_new_020.jpg
現行 A6

新型A6 について


5代目となる新型A6は2019年モデルとして2018年の発売する、アウディの上級モデルでありセダンとアバントをラインナップする。

フルモデルチェンジした 新型 A7 Sportback 同様に新世代デザインを採用し、フラッグシップコンセプト「アウディ プロローグ」に近いフロントグリルなどを採用する。

Audi-A7-Sportback-2018-1.jpg
新型 A7 Sportback
Audi-A7-Sportback-2018-35.jpg

Audi-A7-Sportback-2018-33.jpg

新プラットフォーム(モジュラープラットフォーム「MLB evo」)を採用して車両重量を120kg軽量化!!
更に、現行比でホイールベース、全長を拡大する。

2019-Audi-A6-25.jpg

新型A6 サイズについて


2019-Audi-A6-26.jpg

全長:4,939mm
全幅:1,886mm
全高:1,457mm
ホイールベース:2,924mm

新型A6 アバント サイズについて


全長:4,940mm
全幅:1,890mm
全高:1,470mm
ホイールベース:2,924mm

ラゲッジスペースは積載幅1050mmを確保。
収納容量は標準時で565L。最大で1680Lまで拡大する。

AudiバーチャルコックピットやAR技術を採用したヘッドアップディスプレイを搭載。


Audi-A7-Sportback-2018-28.jpg

Audi-A7-Sportback-2018-27.jpg

メーターは12.3インチのディスプレイを使用したデジタル式のAudiバーチャルコックピットを採用。
インフォテインメントシステムは、上部の10.1インチタッチスクリーンをメインに、下部にエアコンなどを操作する8.6インチのタッチスクリーンを採用。
MMIナビゲーション及びAudi connect(アウディコネクト)標準装備。
MMIナビゲーションプラスはオプション設定。最上位のデータ転送モジュールは、新しいLTE-Advanced(LTEアドバンスト)に対応。
極力ボタンを排して静電容量式のタッチパネルとしたセンターコンソール、デジタルマトリックス レーザーヘッドライト、アダプティブエアーサスペンションを含めた新しい技術を装備する。

Audi-A7-Sportback-2018-23.jpg

新型A6 エンジン スペックについて


パワートレインにはこれまでのV型6気筒のガソリンやディーゼルに加え、新開発MHEV(マイルドハイブリッド)ドライブシステム、プラグインハイブリッドモデルもライナップされる。

V型6気筒 3.0Lターボエンジン TFSI +モーター(MHEV)
最高出力:250kW(340HP)
最大トルク:500Nm(368lb-ft)
トランスミッション:7速Sトロニック(デュアルクラッチ式)
駆動方式:4WD「Quattro」

V型6気筒3Lディーゼルターボ エンジン TDI+モーター(MHEV)
最大出力:210kW(286HP)
最大トルク:620Nm63.2kgm
トランスミッション:8速AT(ティプトロニック)
駆動方式:4WD「Quattro」

MHEVは全グレードに採用、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオン電池を搭載。
実際、走行条件で100km走行をした場合に採用しない場合と比較し、0.7L燃料消費を低減できる。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://www.motor1.com/news/135886/2019-audi-a6-spy-photos/
https://www.carscoops.com/2018/02/2019-audi-a6-revealed-look-close-might-see-new-model/
https://www.carscoops.com/2018/04/2018-audi-a6-avant-looking-handsome-ever/
アウディニュースリリース
https://www.audi-press.jp/press-releases/2018/b7rqqm000000l3wc.html
https://www.audi-press.jp/press-releases/2018/b7rqqm000000lt36.html
アウディ A6
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6.html
アウディ A6 アバント
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング