ホーム > 日本車 >トヨタ > トヨタ 新型 SAI ハイブリッド フルモデルチェンジ 新しい小型化されたハイブリッドシステムTHSⅡ採用 TNGAプラットフォームを採用で2019年発売

トヨタ 新型 SAI ハイブリッド フルモデルチェンジ 新しい小型化されたハイブリッドシステムTHSⅡ採用 TNGAプラットフォームを採用で2019年発売

トヨタは新型SAIのフルモデルチェンジを2019年に発売する予定だ。

sai_2.jpg
現行SAI

SAIについて


トヨタブランドとしてはプリウスの発売以来12年ぶり、2車種目のハイブリッド専用モデルとして2009年12月7日に発売された。プリウスの上位クラスに位置するアッパーミドルクラス版のクラウンハイブリッドとプリウスの間を埋める中間車種としてハイブリッドカーとして販売されており、先に発売されていたレクサスブランドのハイブリッドカー、HS250hとは姉妹車の関係にある。SAIは日本国内専売である。

2013年8月29日マイナーチェンジを行い外観や内装のデザインをフルモデルチェンジ並みに変更した。特に前面はかなり印象が変わっており、若者にも受ける顔つきになった。

2015年5月11日一部改良及び特別仕様車「G"Viola(ヴィオラ)"」を発売。

2016年10月に現行モデルの生産を終了。

この新型SAIは2代目となるが、約9年でのフルモデルチェンジとなる。

今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された
新型プリウス
に採用されている物をベースに開発が進んでいる!!

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。

高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。

更に、ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ。

ハイブリッドシステムは現行と同様、新型カムリハイブリッドに採用される直4 2,5L ハイブリッド採用する!!エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

これにより、燃費を劇的に向上させることが可能だ!!

燃費面では現行プリウスと新型プリウスでは

ベースモデルでJC08モード燃費32.6km/Lから40.8km/LへUPしJC08モード燃費で8.2km/L向上した。

新型SAIも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。

これにより、現行モデルはJC08モード燃費19.8km/LからJC08モード燃費28.0km/L前後にまで伸びると思われる!!

更に先進の予防安全技術「Toyota Safety Sense P」を搭載する!!

気になる発売日だが2019年12月に発売される可能性が高そうだ!!

同時期にレクサス新型HS250hのフルモデルチェンジも行われる予定だ!!



今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookコメント

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Facebook Twitter 情報配信

Google+

更新情報

人気記事ランキング