ホーム > 輸入車 >メルセデス・ベンツ >メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス E250アバンギャルド
d0349_1.jpg d0349_2.jpg
d0349_3.jpg d0349_4.jpg

全長 / 全幅 / 全高(mm) 4890x1855x1455
ホイールベース(mm) 2875
トレッド 前 / 後(mm) 1580/1455
車両重量(kg) 1750
種類 直4DOHC 総排気量(cc) 1991
最高出力(kw[ps] / rpm) 155(211)/5500
最大トルク(Nm[kgm] / rpm) 350(35.7)/1200-4000
諸元駆動方式 FR トランスミッション 7速AT
サスペンション形式 前 ストラット サスペンション形式 後 マルチリンク
ブレーキ 前 / 後 Vディスク/ディスク タイヤサイズ 245/40R18・265/35R18
車両価格(税込み・単位=万円) 655.0

■内外装を一新、快適&安全装備も充実。
 エクステリアは、4灯式ヘッドライトのすべてにLEDを使用し、全機能を1枚のレンズでカバーするLEDハイパフォーマンスヘッドライトと、中央に大型のスリーポインテッドスターを配したフロントグリルがこれまでにない強烈な個性を主張する(E250を除く)。またAMG SモデルはAMGカーボンパッケージや19インチAMGアルミホイール、AMGレッドブレーキキャリパーなどの専用装備により、一段と迫力を増した。
 インテリアは、質感の高いレザー素材、パワーシートスイッチやエアアウトレットなど随所にあしらったシャドーシルバーのインサート、ダッシュボードやドアパネルのきめ細かいシボ加工といった厳選された素材と手法を採用することで、プレミアムな室内空間を実現。AMGはさらにグリップ部にアルカンターラを採用したAMGパフォーマンスステアリングやAMGカーボンインテリアトリムなどを装備し、E63AMGが最高峰のモデルであることを強調している。安全面では、次期Sクラスに搭載予定の進化型レーダーセーフティパッケージ、“インテリジェントドライブ”が標準装備され、メルセデスの安全神話に一段と磨きがかけられている。

■リーンバーン・ターボやハイブリッドなど多彩なエンジン。
 日本仕様のエンジンは6機種。E250は世界初の成層燃焼リーンバーンとターボチャージャー、EGRを組み合わせた新開発の2.0L直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載。従来型より7ps/40Nm強力な211ps/350Nmを発生しながら約23%の燃費向上を達成した。E350BlueTECが積む3.0LのV型6気筒BlueTECも新開発のクリーンディーゼルで、ECOスタートストップ機能の追加やエンジンマネジメントの最適化により燃費性能を改善。同時に従来より41ps/80Nm強力な252ps/620Nmを発生する。またEクラス初のハイブリッドとなるE400 HYBRIDには、最高35km/hまで電気モーターのみで走行することが可能な、メルセデスのハイブリッドとしては第二世代となる最新のシステムを搭載。3.5LのV型6気筒BlueDIRECT+モーターで、余裕の306ps/370Nmを発生すると同時にJC08モード燃費15.2km/Lとクラス最高水準の環境性能を誇る。そして最速セダンAMGには557ps/760Nmを発生するAMG社開発の最新鋭5.5LのV型8気筒直噴ツインターボを搭載。さらにAMG Sモデル用は585/800Nmまでチューンされており、究極のパフォーマンスを発揮する。

メルセデスベンツ
http://www.mercedes-benz.co.jp/content/japan/mpc/mpc_japan_website/ja/home_mpc/passengercars.flash.html

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

関連記事

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク