ホーム > その他( 126 件 )

メルセデス・ベンツ 新型 メルセデス AMG GT ロードスター 新モデル「AMG GT S ロードスター」を追加 2018年発売

メルセデス・ベンツ 新型 メルセデス AMG GT ロードスター 新モデル「AMG GT S ロードスター」を追加 2018年発売
メルセデス・ベンツは新型メルセデス AMG GT ロードスター / メルセデス AMG GT C ロードスターのマイナーチェンジを行い新モデル 「AMG GT S ロードスター」を追加し2018年に発売する。追加される新モデル「AMG GT Sロードスター」は、ベースモデルと上位モデルの「AMG GT C ロードスター」のみであったロードスターに中間モデルとしてラインナップする。完全受注生産モデル価格:1834万円~2298万円新型 メルセデス AMG GT ロード...

続きを読む

トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド マイナーチェンジ (一部改良) 水冷インタークーラー等の追加 仕様変更 2018年6月1日発売

トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド マイナーチェンジ (一部改良) 水冷インタークーラー等の追加 仕様変更 2018年6月1日発売
トヨタは新型ランドクルーザー プラド 150系 マイナーチェンジモデルの一部改良を行い2018年6月1日に発売する。 新型ランドクルーザー プラド 150系 一部改良について ディーゼル車に水冷インタークーラーを採用し排ガス値低減。Lパッケージのシートメモリーの追加する。 今回の一部改良を行い次世代のToyota Safety Sense 装備する。 従来までの「Toyota Safety Sense P/C」の名称を「Toyota Safety Sense」に統一した衝...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2018年4月 乗用車1位はトヨタ アクア 9,495台 軽自動車 N-BOXが1位 19,884台

日本自動車販売ランキング 2018年4月 乗用車1位はトヨタ アクア 9,495台 軽自動車 N-BOXが1位 19,884台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2018年5月8日、2018年4月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 軽自動車では1位はホンダ N-BOXで19,884台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。 乗用車ではトヨタ アクア 9,495台で首位となった。 乗用車では 1位はトヨタ アクア 9,495台で首位となった。 2位はトヨタ プリウス 8,382台、3位は日産 ...

続きを読む

マツダ 新型 ロードスター マイナーチェンジ 2.0L SKYACTIV-G 最高出力183ps 搭載 2018年7月発売

マツダ 新型 ロードスター マイナーチェンジ 2.0L SKYACTIV-G 最高出力183ps 搭載 2018年7月発売
マツダは新型ロードスターのマイナーチェンジを行い2018年7月に発売する。 新型ロードスター マイナーチェンジモデルについて マツダはNTHSA(米国運輸省道路交通安全局)に提出した資料に日本国内ではロードスター RFに搭載されているSKYACTIV-G 2.0Lを改良しチューニング最高出力25psアップさせた183ps(181HP)モデルを搭載すると記載されている。 次世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」を初...

続きを読む

メルセデス・ベンツ 新型 マイバッハ クロスオーバー コンセプト 北京モーターショー2018発表

メルセデス・ベンツ 新型 マイバッハ クロスオーバー コンセプト 北京モーターショー2018発表
メルセデスベンツは新型マイバッハ クロスオーバーを2018年に発売する。2018年4月25日~5月4日に開催される北京モーターショー2018にて新型マイバッハ クロスオーバーコンセプトを世界初公開する。新型マイバッハ クロスオーバー コンセプト エクステリア新型マイバッハ クロスオーバー コンセプト インテリア...

続きを読む

日産 リーフ 日本国内累計販売 10万台を突破 グローバル 累計30万台以上 2018年4月20日発表

日産 リーフ 日本国内累計販売 10万台を突破 グローバル 累計30万台以上 2018年4月20日発表
日産は2018年4月20日に日産リーフを初代モデルから日本国内累計販売台数10万台を突破したと発表した。 グローバルに累計30万台以上を販売した、世界で最も販売されている電気自動車である。 新型リーフ リーフについて 初代リーフは2010年12月に日本とアメリカで発売を開始。世界で量販される5ドアハッチバック型の電気自動車である。 「リーフ(LEAF)」は、英語で「葉」を意味する「leaf」が由来となっており、植...

続きを読む

パイオニア カロッツェリア 新型 AVIC-CZ902XS AV一体型カーナビ 銅メッキシャシーを初採用「サイバーナビ Xシリーズ」2018年6月発売予定

パイオニア カロッツェリア 新型 AVIC-CZ902XS AV一体型カーナビ 銅メッキシャシーを初採用「サイバーナビ Xシリーズ」2018年6月発売予定
パイオニア カロッツエリアは新型サイバーナビハイエンドオーディオ カーナビゲーション“サイバーナビ Xシリーズ”「AVIC-CZ902XS」を2018年4月18日発表した。2018年6月から発売。ハイエンドカーオーディオ「カロッツェリア X」で培ってきた音響技術や、ハイエンドホームオーディオ「TAD(Technical Audio Devices)」より継承した技術開発思想を基に、銅メッキシャーシなどによる徹底的なノイズコントロールに加え、静音化と制振化...

続きを読む

パイオニア カロッツェリア 新型 サイバーナビ AVIC-CL902-Mなど6機種「MapFan コネクト」対応 PCやスマホと連携 2018年6月発売予定

パイオニア カロッツェリア 新型 サイバーナビ AVIC-CL902-Mなど6機種「MapFan コネクト」対応 PCやスマホと連携 2018年6月発売予定
パイオニア カロッツエリアは新型サイバーナビの2018年モデル 6機種「AVIC-CL902-M」「AVIC-CL902」「AVIC-CW902-M」「AVIC-CW902」「AVIC-CZ902-M」「AVIC-CZ902」を2018年4月18日発表した。2018年6月から発売。価格:オープンiPhone/スマートフォン(Android™)と連携し、より快適なコネクテッドカーライフを実現する「MapFanコネクト」に対応する。「MapFanAssist」(無料:6月配信予定)ウェブサイト「MapFan」とサーバー経由で接...

続きを読む

ランボルギーニ 新型 アヴェンタドール SV Jota ハイパフォーマンスモデル 2018年10月発表

ランボルギーニ 新型 アヴェンタドール SV Jota ハイパフォーマンスモデル 2018年10月発表
ランボルギーニは新型アヴェンタドールのハイパフォーマンスモデル「アヴェンタドール SV Jota」を2018年10月に発表する。2018年10月2日~14日に開催されるパリモーターショー2018にて世界初公開する。新型 アヴェンタドール SV Jotaについてジュネーブモーターショー2015 で正式発表した新型 アヴェンタドールSVを更に進化させたモデルである。アヴェンタドールSV6.5L V型12気筒エンジン最高出力750ps最大トルク690Nm0-100km/h 2....

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2018年3月 乗用車1位は日産 ノート 19,356台 軽自動車 N-BOXが1位 26,851台

日本自動車販売ランキング 2018年3月 乗用車1位は日産 ノート 19,356台 軽自動車 N-BOXが1位 26,851台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2018年4月5日、2018年3月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 軽自動車では1位はホンダ N-BOXで26,851台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。 乗用車では日産 ノートが19,356台で首位となった。 乗用車では 1位は日産 ノート 19,356台で首位となった。 2位はトヨタ プリウス 15,688台、3位は日産 ...

続きを読む

国土交通省 2017年 (平成29年) 燃費の良い乗用車ベスト10 発表

国土交通省 2017年 (平成29年) 燃費の良い乗用車ベスト10 発表
国土交通省は2018年3月20日に「2017年の燃費のよい乗用車ベスト10」を発表した。 2017年末時点で販売されている乗用車が対象、最も燃費のよい乗用車はトヨタ プリウスとなった。 軽自動車部門では、アルトとキャロルが最高燃費となった。 順位 メーカー 車名 JC08モード燃費 1位 トヨタ プリウス 40.8km/L ...

続きを読む

トヨタとマツダの業務資本提携 米国合弁新会社「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」 電気自動車の共同技術開発 先進安全技術の協業など 2017年8月4日発表

トヨタとマツダの業務資本提携 米国合弁新会社「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」 電気自動車の共同技術開発 先進安全技術の協業など 2017年8月4日発表
トヨタ自動車 代表取締役社長 豊田章男氏とマツダ 代表取締役社長兼CEO 小飼雅道氏は2017年8月4日に、業務資本提携に関する共同記者会見を実施した。トヨタとマツダは2018年1月11日、(米国時間 2018年01月10日)、米国の合弁新工場に関する発表と記者会見を行った。新工場の生産能力は年間30万台を予定し、マツダ・トヨタ向けの各生産ラインで、マツダが北米市場に新導入するクロスオーバーモデルとトヨタの「カローラ」を15万台ず...

続きを読む

ポルシェ 新型 ミッションEクロスツーリスモ EV(電気自動車) ジュネーブモーターショー2018 世界初公開

ポルシェ 新型 ミッションEクロスツーリスモ EV(電気自動車) ジュネーブモーターショー2018 世界初公開
ポルシェは新型 EV(電気自動車)ミッションEクロスツーリスモを2020年に発売する。4シーターのEVスポーツカー新型ミッションEをベースにしたモデルである。2018年3月6日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018で新ミッションEクロスツーリスモを世界初公開した。...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2018年2月 乗用車1位は日産 ノート 1万3,769台 軽自動車 N-BOXが1位 2万2,007台

日本自動車販売ランキング 2018年2月 乗用車1位は日産 ノート 1万3,769台 軽自動車 N-BOXが1位 2万2,007台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2018年3月6日、2018年2月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 軽自動車では1位はホンダ N-BOXで2万2,007台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。 乗用車では日産 ノートが1万3,769台で2ヶ月連続首位となった。 乗用車では 1位は日産 ノート 1万3769台で首位となった。 2位はトヨタ プリウス 1万1507...

続きを読む

ダイソン 電気自動車 EV 高度なソリッドステートバッテリ採用 2019年発売

ダイソン 電気自動車 EV 高度なソリッドステートバッテリ採用 2019年発売
ダイソンは電気自動車(EV)を2019年までに発売する。「ダイソンが電気自動車?そんな訳ないだろう!」と思われた方が多いと思うが、コードレス掃除機を思い浮かべてもらいたい。高出力モーターとソリッドステートバッテリーを搭載しており開発ノウハウを持っている、普通の自動車(内燃機関)を開発することはほぼ不可能と言えるが、モーターで駆動する電気自動車(EV)であれば可能というわけだ。...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2018年1月 乗用車1位は日産 ノート 1万2,444台 軽自動車 N-BOXが1位 1万9,309台

日本自動車販売ランキング 2018年1月 乗用車1位は日産 ノート 1万2,444台 軽自動車 N-BOXが1位 1万9,309台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2018年2月6日、2018年1月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 軽自動車では1位はホンダ N-BOXで1万9,309台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。 乗用車では日産 ノートが1万2,444台で先月首位だったトヨタプリウスを抜き3カ月ぶりの首位となった。 乗用車では 1位は日産 ノート 1万2,444台で首位と...

続きを読む

2017年 日本自動車販売ランキング 軽自動車のN-BOXが全体の1位で21万8,478台

2017年 日本自動車販売ランキング 軽自動車のN-BOXが全体の1位で21万8,478台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2018年1月11日、2017年通間の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 乗用車では2015年12月9日から販売を開始し1年となるトヨタの新型プリウスが1位の160,912台!! 新型プリウスは2016年度も年間1位となっており2年連続となった。 2位は日産 ノートの138,905台、3位はトヨタ シエンタの131,615台となった。 トヨタは2...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2017年12月 乗用車1位はトヨタ プリウス1万2,175台 軽自動車 N-BOXが1位 1万8458台

日本自動車販売ランキング 2017年12月 乗用車1位はトヨタ プリウス1万2,175台  軽自動車 N-BOXが1位 1万8458台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2018年1月11日、2017年12月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 軽自動車では1位はホンダ N-BOXで1万8458台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。 乗用車ではプリウスが2017年11月に続き2ヶ月連続首位となった。 乗用車では 1位はトヨタ プリウス 1万2,175台で首位となった。 2位はトヨタ アクア 1...

続きを読む

2018年 三菱 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2018年 三菱 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ
三菱自動車は燃費不正問題で、2016年6月17日、社内調査結果を発表した。過去10年に販売した全29車種で不正があり、データ改ざんは9車種で判明した。更に、三菱自動車 1991年(25年前)から燃費データ不正測定を続けたていたと明らかにした。この燃費不正問題により新型車の発売は次々と見送られた。そして、日産自動車株式会社は2016年10月20日、三菱自動車の発行済み株式の34%を取得し、三菱自動車の筆頭株主となった。三菱自動...

続きを読む

第38回 2017–2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー 新型 ボルボ「XC60」受賞

第38回 2017–2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー 新型 ボルボ「XC60」受賞
2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、ボルボ「XC60」が受賞した。イノベーション部門賞はトヨタ 新型 プリウスPHV、エモーショナル部門賞はレクサス新型LC、スモールモビリティ部門賞にホンダ新型 N-BOX/N-BOXカスタムが選ばれた。カーオブザイヤーに輸入車が選出したことにより2017-2018インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは未選出となった。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、「第38回 2017–2018 日本カー・オブ・...

続きを読む

マクラーレン 新型 マクラーレン・セナ 故アイルトン・セナの名を冠したモデル 2017年12月

マクラーレン 新型 マクラーレン・セナ 故アイルトン・セナの名を冠したモデル 2017年12月
マクラーレンは、ブランドを代表する新しいスーパーカーとなるマクラーレン・セナを12月10日(現地時間)発表した。500台限定価格:67万5000ポンド(約1億227万)2018年3月9日から開催されるジュネーブモーターショー2018で実車が公開される予定。新型 マクラーレン セナについてマクラーレン セナは、スポーツシリーズ、スーパーシリーズとラインナップするマクラーレンブランドで最上位のラインとなるアルティメットシリーズのマ...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2017年11月 乗用車1位はトヨタ プリウス1万1,728台 軽自動車 N-BOXが1位 2万992台

日本自動車販売ランキング 2017年11月 乗用車1位はトヨタ プリウス1万1,728台  軽自動車 N-BOXが1位 2万992台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2017年12月6日、2017年11月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 軽自動車では1位はホンダ N-BOXで 2万992台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。 これは2017年9月1日にフルモデルチェンジを果たし新型N-BOXが3カ月連続で2万台超えとなる。 乗用車ではプリウスが5ヶ月ぶりで首位となった。 乗用車で...

続きを読む

第38回 2017–2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車 決定

第38回 2017–2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車 決定
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、「第38回 2017–2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車31台を2017年10月31日に発表した。2017年11月8日に「第38回 2017–2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」「10ベストカー」発表 した。第38回 2017 – 2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会で、全31台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が...

続きを読む

ヤマハ 新型 スポーツカー RIDE コンセプト 2シーター 4輪車のデザイン提案 2輪車発想でヤマハらしさを表現!!

ヤマハ 新型 スポーツカー RIDE コンセプト 2シーター 4輪車のデザイン提案 2輪車発想でヤマハらしさを表現!!
ヤマハ発動機株式会社は第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)で4輪車のデザイン提案としたスポーツカーコンセプトを世界初披露した。そして、第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルに近いモデルを発表する予定だ。スポーツカー RIDE コンセプトにつて2輪車発想でヤマハらしさを表現している。もしヤマハが、スポーツカーを創ったら。それは多様なモビリティを通じて感動を創...

続きを読む

パイオニア カロッツェリア 新型 楽ナビ 8V型ディスプレイモデル AVIC-RL901など 各車種専用設計 2017年10月発売

パイオニア カロッツェリア 新型 楽ナビ 8V型ディスプレイモデル AVIC-RL901など 各車種専用設計  2017年10月発売
パイオニア カロッツエリアは新型 楽ナビの2017年モデル「AVIC-RL901」「AVIC-RW901」など8機種を2017年10月4日発表した。2017年10月から発売開始。ラージサイズメインユニットタイプ 8V型ワイドVGA「AVIC-RL901」200mmワイドメインユニットタイプ 7V型ワイドVGA「AVIC-RW901」「AVIC-RW501」「AVIC-RW301」2D(180 mm)メインユニットタイプ 7V型ワイドVGA「AVIC-RZ901」「AVIC-RZ701」「AVIC-RZ501」「AVIC-RZ301」楽ナビ 2017年...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2017年9月 乗用車1位は日産 ノート1万5,469台 2位はプリウス1万3,275台 軽自動車 N-BOXが1位 2万6,983台

日本自動車販売ランキング 2017年9月 乗用車1位は日産 ノート1万5,469台 2位はプリウス1万3,275台 軽自動車 N-BOXが1位 2万6,983台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2017年10月5日、 2017年9月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 軽自動車では1位はホンダ N-BOXで 2万6,983台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。 これは2017年9月1日にフルモデルチェンジを果たし新型N-BOXの販売計画は15,000台/月であったが発売後約1ヵ月での累計受注台数は、10月4日現在で52,000台...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2017年8月 乗用車1位はトヨタ アクア1万870台 2位はプリウス1万417台 軽自動車 ムーヴが1位 1万364台

日本自動車販売ランキング 2017年8月 乗用車1位はトヨタ アクア1万870台 2位はプリウス1万417台 軽自動車 ムーヴが1位 1万364台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2017年9月6日、 2017年8月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 乗用車では 1位はトヨタ アクア 1万870台で首位となった。 2位はトヨタ プリウス 1万417台、3位は日産 ノートで9,685台となった。 新型アクア 新型プリウス 新型ノート 軽自動車では 1位はダイハツ ムーヴで 1万364台で首位とな...

続きを読む

パイオニア カロッツェリア 新型 サイバーナビ 10V型ディスプレイモデル AVIC-CE901SE 各車種専用設計 カーナビゲーション 初めてハイレゾ音源再生に対応 2017年9月発売

パイオニア カロッツェリア 新型 サイバーナビ 10V型ディスプレイモデル AVIC-CE901SE  各車種専用設計 カーナビゲーション 初めてハイレゾ音源再生に対応 2017年9月発売
パイオニア カロッツエリアは新型サイバーナビの2017年モデル「AVIC-CE901SE」「AVIC-CE901SE-M」を2017年8月1日発表した。2017年9月から発売。カロッツエリアのカーナビゲーションとして、初めてハイレゾ音源再生(96 kHz / 24 bit)に対応。国内最大となる10V型ディスプレイを搭載。「AVIC-CE901AL-M」「AVIC-CE901AL」はトヨタ自動車「アルファード」専用「AVIC-CE901VE-M」「AVIC-CE901VE」はトヨタ自動車「ヴェルファイア」専...

続きを読む

パイオニア カロッツェリア 新型 サイバーナビ AVIC-CL901など 初めてハイレゾ音源再生に対応 2017年9月発売

パイオニア カロッツェリア 新型 サイバーナビ AVIC-CL901など 初めてハイレゾ音源再生に対応 2017年9月発売
パイオニアのカロッツェリアはサイバーナビのハイレゾ音源の再生(96kHz/24bit)に対応したモデルを2017年9月から発売する。ハイレゾ音源の再生(96kHz/24bit)に対応したモデルは「AVIC-CL901」「AVIC-CW901」「AVIC-CZ901」である。その他ベーシックモデル「AVIC-CW700 II」「AVIC-CZ700 II」もラインナップ。価格:オープンプライスAVIC-CL901AVIC-CL901-MAVIC-CW901AVIC-CW901主な特長ニュースリリースより(1) ハイレゾ音源再生...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2017年7月 乗用車1位は日産 ノート1万2,431台 2位はプリウス1万2,057台 軽自動車 N-BOXが1位 1万4,503台

日本自動車販売ランキング 2017年7月 乗用車1位は日産 ノート1万2,431台 2位はプリウス1万2,057台 軽自動車 N-BOXが1位 1万4,503台
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2017年8月4日、 2017年7月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 乗用車では 1位は日産 新型ノート 1万2,431台で首位となった。 2位はトヨタ プリウス 1万2,057台、3位はトヨタ アクアで1万2,005台となった。 新型ノート 新型プリウス 軽自動車では 1位はホンダN-BOXで 1万4,503台で首位となった。 ...

続きを読む

ホンダ 新型 シビックタイプR 納車して帰宅途中にさっそく事故

ホンダ 新型 シビックタイプR 納車して帰宅途中にさっそく事故
ホンダは新型シビックタイプRのフルモデルチェンジを行い、日本では2017年7月27日に正式発表、9月29日に発売する!! 国内製造ではなくイギリスのボストン工場で製造している、逆輸入と言う形で販売をスタートする。 その、ボストンでディーラーで納車され自宅に帰る途中にさっそく事故るという最悪の事態が起きた。持ち主のGreg Ellingson氏はFacebook上で公開している。内容を読めば、既に保険に入っていたので保険で修理する様...

続きを読む

2016年 国別世界のトップセラーカーメーカー トヨタは49カ国で1位 フォルクスワーゲンは13カ国 本当に負けたのか?

2016年 国別世界のトップセラーカーメーカー トヨタは49カ国で1位 フォルクスワーゲンは13カ国 本当に負けたのか?
2016年世界販売台数でフォルクスワーゲンが初の世界首位に立った。トヨタ自動車の世界販売は前の年比0.2%増の1017万5000台フォルクスワーゲンの販売台数は年比3.8%増の1031万2400台。トヨタ自動車が約14万台下回った。5年ぶりに首位の座を譲り渡すことになった。しかし、内容を見れば、トヨタ自動車は実際には49カ国で1位の販売ブランドとなっている。アメリカ、アジア、アフリカ、コスタリカ、ウガンダ、アンゴラ、タンザニア、...

続きを読む

パナソニック 新型 CN-E300D 7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビ Bluetooth Audio対応 2017年8月初旬発売!!

パナソニック 新型 CN-E300D 7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビ Bluetooth Audio対応 2017年8月初旬発売!!
パナソニックは、「ストラーダ」の新製品として、7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション「CN-E300D」AV一体型カーナビゲーションを8月初旬に発売。価格:オープンプライス7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション「CN-E300D」についてニュースリリースより本製品は、上位機種から継承したナビゲーション機能とAV機能を搭載した、ストラーダのベーシックモデルです。AV機能でニーズの高い「BLUETOOTH(R) Audio」(※1)にベーシ...

続きを読む

日本自動車販売ランキング 2017年6月 乗用車1位はプリウス1万7,946台 2位はC-HR 1万4,318台 軽自動車 N-BOXが1位 1万7,654台 !!

日本自動車販売ランキング 2017年6月 乗用車1位はプリウス1万7,946台 2位はC-HR 1万4,318台 軽自動車 N-BOXが1位 1万7,654台  !!
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2017年7月6日、 2017年6月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 乗用車では 1位はトヨタでプリウス1万7,946台で首位となった。 2位はトヨタ C-HR 1万4,318台、3位はトヨタ ヴィッツで1万1,743台となった。 軽自動車では 1位はホンダN-BOXで 1万7,654台で首位となった。 これでN-BOXが16カ月連続トップを記録し...

続きを読む

国土交通省と経済産業省は乗用車の燃費に国際統一試験法であるWLTCモードに基づく「市街地」「郊外」「高速道路」走行環境ごとの表示を義務化 2018年10月スタート!!

国土交通省と経済産業省は乗用車の燃費に国際統一試験法であるWLTCモードに基づく「市街地」「郊外」「高速道路」走行環境ごとの表示を義務化 2018年10月スタート!!
国土交通省と経済産業省は2017年7月4日に2018年10月(平成30年10月)から新型車に義務化される燃費の国際統一試験法「WLTCモード」燃費に加えて、「市街地」「郊外」「高速道路」といった走行環境毎の燃費をカタログ等に表示することを義務化すると発表した。近年、自動車の燃費性能が向上する中で、カタログ等に表示される燃費に比べ実際の燃費が最大4割下回るとの指摘がありる。この乖離は、走行環境や運転方法の違い等により生じ...

続きを読む

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

スポンサードリンク

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク